固定観念を覆す改革を強力に推進

ミレニアル世代にターゲットを定める

FWD富士生命保険
代表取締役社長兼CEO 山岸 英樹 Hideki YAMAGISHI
1967年生まれ。光通信を経て、保険見直し本舗、NFCホールディングスなど保険代理店企業を中心にトップマネジメントを経験。

個人向けビジネスへシフトチェンジ

──保険代理店出身の方が生命保険会社のトップに就任するのは極めて珍しいケースだそうですね。

山岸 おそらくほとんど前例がないと思います。当社は今、法人向けから個人向けへビジネスをシフトしています。私は保険代理店時代、お客さまにより近い立場でビジネスを経験してきました。ですからお客さまが本質的に何を求めているかを実地体験で知っていますし、プロダクトアウトではなく、お客さまに軸足を置いて、これまでとは違う商品やサービスを提供していくことができると考えています。今回、私が当社のトップに就任したいちばんのポイントがここにあります。改革を強力に推進し、新しいFWD富士生命をつくるのが私の最大の使命です。

──これまで外部から御社のことをご覧になって、どのような印象をお持ちでしたか。

山岸 FWDグループの動向を見ていて、デジタル化という意味で大きな強みを持った会社だなと見ていました。今後、保険業界のデジタル化をリードする会社として代理店の立場からも期待していました。それに「人々が抱く“保険”に対する感じ方・考え方を刷新すること」というビジョンにも共感していました。保険はわかりにくいとか面倒だという、多くの人が抱くイメージを、何とかして打破しなければと思っていました。

──お話を伺うと、とても改革志向の強い方という印象を受けます。

山岸 そうですね、代理店時代もつねに改革をベースに経営をしてきました。いろいろな会社の経営をしてきましたが、安定経営を期待されたことは一度もありません。そもそも現状維持は衰退だというのが私の認識ですから、いかに改革していくか、新しいものを創造していくか、そこは追求し続けていこうと思います。

次ページお客さま本位のデジタル戦略を全面に打ち出した保険会社へ
お問い合わせ
FWD富士生命保険