新日本製薬の大きな可能性

コロナ禍にもかかわらず、業績が堅調

化粧品、健康食品、医薬品を企画・販売する新日本製薬の業績が堅調だ。東証マザーズに昨年6月に上場し、今年いきなり新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われた。しかし、8月6日に発表した決算では、営業利益こそ微減となったが売上高は増加。とくに、国内外EC(電子商取引)が前年同期比約22%増と急成長している。同社の強みは、オールインワン型と呼ばれる機能性の高い化粧品で、主力ブランド「パーフェクトワン」は国内トップシェアを誇る。海外展開や新商品の開発にも意欲的に取り組んでいるというから楽しみだ。

2020年9月期第3四半期は増収
通期見通しも好調に進捗

化粧品、健康食品、医薬品を企画・販売する新日本製薬が2020年8月6日、同年9月期第3四半期(19年10月~20年6月)の決算を発表した。それによると、営業利益は前年同期比で1.6%減少したものの、通期計画に対する進捗率は81.0%に達している。さらに、売上高は前年同期比で0.8%と増加し、通期計画に対する進捗率は73.1%となった。

注目すべきは、チャネル別売上高で、直営店舗・卸売販売が新型コロナウイルスの感染拡大などの影響を受け1.1%の減少となった一方で、国内外EC(電子商取引)販売が前年同期比で22.7%増と急成長していることだ。

EC販売が急成長

コロナ禍に見舞われ、多くの企業が業績見通しを下方修正しているが、新日本製薬では通期見通しを当初予想どおりとしている。その要因としては、同社の商品の特色が挙げられるだろう。主力商品のオールインワン化粧品は、手軽に賢くスキンケアができる「日常使い」の商品として、外出機会が減っている昨今でも根強い需要があるからだ。今後はさらに節約意識も高まると考えられることから、需要はさらに拡大すると予想できる。

オールインワンスキンケア市場を開拓。
国内トップシェア

新日本製薬は1992年に生活用品の企画・販売会社として福岡県で設立された。94年に健康食品の通信販売、2000年に基礎化粧品の通信販売、06年に医薬品の通信販売を開始。19年6月に東京証券取引所マザーズに上場している。

化粧品では、「パーフェクトワン」ブランドのスキンケア商品、健康食品は青汁や機能性表示食品、医薬品は生薬や漢方などのラインナップがある。現在は化粧品の売り上げが全体の91%を占めている。

そして、同社の事業を力強く牽引しているのが「パーフェクトワン」ブランドのオールインワン化粧品だ。オールインワン化粧品とは、化粧水や乳液、クリーム、美容液などの機能が1つの商品に含まれたスキンケア商品だ。例えば、同社の「パーフェクトワン オールインワン美容液ジェル」は、化粧水、乳液、クリーム、美容液に加え、さらにパック、化粧下地の6役を1つの商品でこなす。また「パーフェクトワン クレンジングリキッド」は、メイク落とし、洗顔、毛穴ケア、角質ケア、保湿、マッサージの6つの機能を1つで可能にした。

主力商品の「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル(医薬部外品)」

節約意識の高まりや時短ニーズに対応し、近年オールインワンスキンケア市場が拡大している。実は新日本製薬は、このオールインワンスキンケアでは草分け的存在なのだ。

「パーフェクトワン」は、19年までの5年間の年平均成長率13%の勢いで売上高を伸ばしているだけでなく、ブランドシェアはオールインワンスキンケア市場ナンバーワンの25.7%(19年)、4年連続市場シェアナンバーワンを誇る。「パーフェクトワン」は、まさに市場をリードする存在なのだ。

富士経済「化粧品マーケティング要覧2017/2018/2019/2020」
(モイスチャー部門およびオールインワン部門/メーカー、ブランドシェア2016/2017/2018/2019実績)

次ページ顧客との接点を強化するマーケティングを重視
お問い合わせ
新日本製薬