日本マイクロソフト

「IT素人」コミュニケーション改革成功の秘訣

ツールの社内展開で押さえるべきポイント

「管理職であっても、触って、体験してもらわなければ仲間にはなってもらえません。その鉄則をブレずにお願いしました。各支社を一緒に訪問させていただきましたが、反応の違いはあっても、働き方を変えることへの前向きさを感じました」(高田氏)

日本たばこ産業
たばこ事業本部
セールスグループ
営業管理部 次長
楠根健次氏

小池氏の上司である、JT たばこ事業本部 セールスグループ 営業管理部 次長の楠根健次氏も「セールスの最前線にいるからこそ、変革の重要性、危機感を持っていたのでしょう」と振り返る。

利活用促進者「ESM(Employee Success Manager)」を養成する、チェンジマネジメントのメソッドのポイントを高田氏が小池氏に伝え、それをまたアンバサダーに伝える形で変革が進んでいった。

「アンバサダー同士も『Teams』で情報を共有していますので、ある支社の管理職を巻き込んだアプローチをほかの支社が参考にする、そんな効果もありました」(小池氏)

セールス部門では現在、「Teams」をインストールしているのは約9割。これを100%に近づけ、「真に活用されている状態」にしていくのが小池氏の目標だ。また、会社全体への浸透・定着に向けてセールス部門のノウハウを積極的に提供していくつもりだ。

「この先、会社全体への浸透・定着が進み、それこそマーケティング部門など他部門とセールス部門が今以上に柔軟に連携できるようになれば、働き方の改革だけではなく、売り上げに直結するようなシナジーも生まれるはずです」(楠根氏)

新たな時代に向けた挑戦に必要なツール

チェンジマネジメントを実践し、コラボレーションツールの利活用を定着させるためには労力がかかる。しかし、労力をかけるだけの価値はある。

「われわれのビジネスは、ドラスティックに変化しています。今の世の中、どのようなビジネスにおいても不確実性は高いはずです。そんな中で、『Teams』の利活用は、社員同士のつながりを生み出し、『大きな波にみんなで立ち向かっていこう』というエンゲージメントにつながりました。それこそが大きな成果なんです」(小池氏)

組織改革を推進・加速させるのは容易ではないが、本連載のタイトルにもあるように、ビジネスの世界は、間違いなく「個人」から「チーム」の時代へ変わりつつある。多くの企業が新たな時代に向けた挑戦を始める今、どのようなツール、どのような伴走者を選択するかは、重要な経営課題の1つと言っても過言ではないだろう。

お問い合わせ
日本マイクロソフト
関連ページ
Microsoft Teams
連載ページ
「個人」から「チーム」の時代へ
第1回 企業変革を阻害しているのは「あなた」かも?
第2回 出社後すぐにやりがちな「無駄」な作業とは?
第3回 組織変革やツール導入で失敗する企業の特徴
第4回 「ニトリ」躍進の背景にあった業務改革の全容
第5回 「企業変革支援」でマイクロソフトが進む道
第7回 オンライン「非言語」コミュニケーションを分析
第8回 「リモートワーク=オンライン会議」は誤解
第9回 コロナ禍でもチーム力が上がる「忘年会」
第10回 つねに結果を出す「オンライン会議」の法則
第11回 ハイブリッドな働き方に適した会議室とは?
第12回 新しいビジネス様式の中心にある「Teams」