日本マイクロソフト

「企業変革支援」でマイクロソフトが進む道

顧客を「成功へと導く」マネジメントの極意

企業の先進的な取り組みや専門家へのインタビューを基に、「組織改革を推進・加速させるためにはどうすればよいのか」をひもといていく本連載(全6回)。第5回となる今回は、マイクロソフト製品のユーザー企業を強力に後押しするスペシャリストについて。「ワークスタイル変革」に照準を合わせ、チェンジマネジメントの実現にも深く関わる、カスタマーサクセスマネジャーとは――。
日本マイクロソフト
デジタルトランスフォーメーション事業本部
ワークスタイルイノベーション推進統括本部
業務執行役員
統括本部長
榎本直子氏

「カスタマーサクセスマネジャー(以下、CSM)」。文字どおり「顧客を成功へと導く伴走者」を指す。サブスクリプションビジネスにおいてCSMの役職を設けている企業は少なくないが、「日本でこれだけの人数を確保している企業はまれでしょう」と自信をのぞかせるのは、日本マイクロソフトでCSMチームを率いるワークスタイルイノベーション推進統括本部 統括本部長の榎本直子氏だ。

「現在、日本マイクロソフトには32名のCSMが在籍しています。われわれが担当する領域は、モダンワークプレースといわれるもので、すでに導入いただいている『Microsoft Teams』や『Microsoft SharePoint Online』、『Microsoft Exchange Online』、『Yammer』など、効率的に仕事を進められる製品の利活用を徹底的にサポートします」(榎本氏)

“使いこなす”を実現するチェンジマネジメント

製品の売り上げ責任はCSMの役割には一切入っていない。自分たちの製品に自信を持ち、使いこなしてもらえれば、おのずと継続してもらえると考えるからだ。「マイクロソフトの製品を使いこなしてもらえれば、ワークスタイルは必ず変革させることができる」(榎本氏)との思いも強い。

ただし、この“使いこなす”というのが難しい。いくらIT部門が製品の利便性を訴えたところで、なかなか定着しない。とくにコラボレーションツールのような製品は、チーム全体で使ってこそ真価が発揮できるため、導入担当者としては悩ましいところだろう。そこで、マイクロソフトのCSM部隊では、チェンジマネジメントの領域まで踏み込み、そのメソッドをユーザー企業に提供しながら強力な伴走を行うのだ。

では、マイクロソフトのCSMはどのようにユーザー企業をサポートしているのだろうか。

次ページマイクロソフトのCSMが目指す先とは?
お問い合わせ
日本マイクロソフト
関連ページ
Microsoft Teams
連載ページ
「個人」から「チーム」の時代へ
第1回 企業変革を阻害しているのは「あなた」かも?
第2回 出社後すぐにやりがちな「無駄」な作業とは?
第3回 組織変革やツール導入で失敗する企業の特徴
第4回 「ニトリ」躍進の背景にあった業務改革の全容
第6回 「IT素人」コミュニケーション改革成功の秘訣