ビジネスの場で「あえてデニムをはく男」の野望

期待を裏切ることで、「自由な思考」が生まれる

502™レギュラーテーパー DARK VINTAGE 12000円(税抜)
自分らしく働く。かつてのようにネクタイを締めて会社に行き、PCに向かうことが仕事だった時代は終わった。今や場所や服装にとらわれず、既成概念を超えた新しい仕事を生み出し、高いパフォーマンスを発揮することが新たなワークスタイルとなっている。そして今、あのリーバイス®のジーンズが時代を超えて、そんな新しい働き方をする男たちに再び支持されているらしい。中でも、定番のリーバイス®501®とともに、ジャケットにもTシャツにも合わせやすいテーパードジーンズ「502TM」に注目が集まっているという。新しい時代、新しい仕事のかたちを生み出しているビジネスパーソンはなぜ「502TM」を支持するのか。自身もジーンズを仕事着として愛用し、新たな価値を追求し続ける新進気鋭の建築家、建築設計事務所noizを共同主宰する豊田啓介氏に話を聞いた。

「柔らかいですね。ジーンズは時間をかけてはきこなしていくものだというイメージを持っていたのですが、最初からこんなにソフトなはき心地だとは驚きました。しかも太ももはゆったりめで、足首にかけてスリムになっていて、シルエットも美しい。仕事でもアリですね」

建築家の豊田啓介氏はリーバイス®の502™テーパードジーンズをはいた印象をこう語る。そもそも建築家というと、ファッションが一つの自己イメージを演出する武器になるともいわれる。豊田氏の場合はどうなのだろうか。

「打ち合わせには、あえてラフな格好で行く」

「ベースボールキャップをかぶって、ジーンズにビーチサンダルで打ち合わせに行くことも多いですよ。それは、これまでのステレオタイプな建築家というイメージに囚われたくないという感覚がどこかにあるからです。この人はこちらの価値観とは、何か違うんだなということを肌感覚で知ってほしい。最初は、『え?』と思われても、そのうち『仕方ないんだな』と諦めてくれる(笑)。これは純粋に自分にとって心地いいスタイルでもあり、同時にある程度計算している部分もあります。意識的に旧来の価値観に縛られないようにしてもらうんです、相手にも。そこから価値観にとらわれない新しい発想の提案をすると、向こうも受け入れやすい態勢ができていたりする。名刺代わりにラフな格好をすることでそのような効果もあるんですね」

今、コンピューテーショナルデザインという新たなコンセプトで日本の建築界に新風を吹き込んでいる豊田氏。コンピューテーショナルデザインとは、通常の建築の枠を超えて、デザインと施工、あるいはモノをつくる、使うといった機能を最新のデジタル技術で再構築しながら、新たな可能性にトライしていく最先端の領域だ。

次ページもはや建築家が建物を建てるだけの時代は終わった
お問い合わせ
リーバイ・ストラウス ジャパン
関連ページ
365日ジーンズで働く男が選ぶ一本とは?