「ユニークベニュー」で加速するMICE誘致

東京都が高める都市としてのプレゼンス

東京都・東京観光財団がMICE誘致のため、ユニークベニューの開発を加速させている。ユニークベニューとは、会議・レセプションなどの開催時に特別感や地域特性を演出できる会場のことで、歴史的建造物や文化施設、公的空間等を指して言うケースが多い。世界各都市でMICE誘致合戦が行われる中、開催地決定の重要なカギとなるユニークベニュー。今回は、東京都の具体的な取組について紹介する。

一般的な会議施設や展示場、ホテルなどとは異なり、その都市ならではの演出ができると世界的なトレンドとなっているユニークベニュー。欧米諸国では新たな財源や顧客層の獲得を目的に、20年以上前から取組が行われている。ロンドンの自然史博物館やパリのルーブル美術館などが有名だ。

2019年7月初旬、都内で魅力あふれるユニークベニューを紹介し、MICE活用を促すためのレセプション「TOKYOユニークベニューショーケースイベント〜TOKYO cool traditions〜」が両国国技館近くにある刀剣博物館で開催された。

国宝の太刀などを所蔵し、今回ショーケースイベントの会場となった刀剣博物館

刀剣博物館は、日本刀文化を普及させるため1968年に代々木に開館。2018年から両国・旧安田庭園の一角に移転、日本を代表する建築家である槇文彦氏の設計のもとリニューアルオープンした。刀剣類、刀装具、金工資料、古伝書などを多数所蔵しており、国宝の「太刀 銘 延吉」など国の指定・認定物件も数多く所蔵する日本有数の博物館だ。

次ページショーケースイベントを紹介
お問い合わせ
ユニークベニューワンストップ総合支援窓口「Tokyo Unique Venues」(東京観光財団内)