365日ジーンズで働く男が選ぶ一本とは?

毎日スーツのビジネスパーソンも必読

300ページ以上ある原作をじっくり読もうとすると、それなりに長い時間がかかる。これまではじっくり本を読むことで情報を収集して思考するスタイルが当たり前だった。しかし、忙しい現代でそのスタイルを貫くのは難しい。結果として、本が手に取られる機会がなくなり、良いものが衰退していく。

「たとえば昔は、娯楽が少なかったから、本をじっくり時間をかけて読み、自己の中でそしゃくし理解を深めるのが一般的でした。しかし今はむしろ、コンテンツはできるだけ短時間で吸収し、SNSなどネット上で感想を言い合ったり、インタラクティブなアクションをする中で理解を深める学び方が一般的になってきました。であれば、本ではなくて漫画になったほうが、相性がいいでしょう。こうした時代の動きに対してどのように変化を起こすか。これは、どの分野、どの企業にも通じる課題だと思います」

本質的な良さに、現代の価値を掛け合わせること

また、佐渡島氏は、「流行ったものには必ず本質的な良さがある」と続けた。80年以上前に出版された『君たちはどう生きるか』が普遍的な価値を持つことは、漫画化版が200万部超の大ヒットとなったことでも証明されている。言い換えれば、現代の読者に”刺さる”価値を漫画化という手法で提示できたということだ。

この構造は、ジーンズの祖として歴史を積み重ねてきたリーバイス®とも共通している。それまでの地位に甘んじることなく、人間工学に基づいた立体裁断を世界で初めてジーンズに取り入れた20年前。そして、現代的にアップデートしたデザインやディティール、新たな生地など、改良を加えて抜群のはき心地を実現した今回の新モデル。

「伝統と革新」というブランドコンセプトにふさわしい進化を続けてきた。

それを象徴するかのように、時代を切り拓いてきたパイオニアたちに愛されてきたリーバイス®は、まさに佐渡島氏が指摘する「変わらないために変わり続ける」トップブランドの条件を満たしているといえよう。いかにその進化が目覚ましいものなのか、ぜひリーバイス®の新作をはいて、体感してみてほしい。

LEJトラッカージャケット
14000円(税抜)
LEJ502レギュラーテーパー
12000円(税抜)
お問い合わせ
リーバイ・ストラウス ジャパン
関連ページ
ビジネスの場で「あえてデニムをはく男」の野望