365日ジーンズで働く男が選ぶ一本とは?

毎日スーツのビジネスパーソンも必読

コルク 代表取締役会長 佐渡島庸平氏
2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年にコルクを創業。著名作家とエージェント契約を結び、作品の編集や著作権管理、ファンコミュニティの形成・運営に携わる。
リーバイ・ストラウス ジャパンは、「リーバイス®エンジニアード・ジーンズ™」の誕生20周年を記念した新モデルを発売した。エンジニアード・ジーンズ™といえば、世界初の立体裁断ジーンズである、リーバイス®レッドを継承し、リーバイス®のアイコンである501®を再構築した、機能的なデザインジーンズとして一世を風靡した。今回の新モデルは、再び俳優の木村拓哉をアンバサダーに起用したことでも注目を集めている。「はく人すべてが快適に、そしてアクティブになれる自由さ」をコンセプトに、発売された新モデルを「365日ジーンズをはく」と公言する編集者の佐渡島庸平氏に試してもらった。

「ジーンズは進化しているんですね!」

多くの人気作家を擁するクリエイターエージェンシーとして、人気作品を次々と世に送り出しているコルクの代表取締役、佐渡島庸平氏。「リーバイス®エンジニアード・ジーンズ™」をはいた感触をそう伝えてくれた。「進化」との言葉が出たのは、ジーンズ専門ブランドに対する先入観があったからだという。

「365日ジーンズで働く男」も驚く、その進化

「専門ブランドのジーンズは、デザインはよくても、あまり機能性は追求していないイメージでした。ゴワゴワしていて、硬くて着づらい……。そんな先入観があった。でも、今回リーバイスの新作をはいてみて、ストレッチの効いた具合が素晴らしいことに驚きましたね。好きになった。値段とのバランスもよい。今後、ジーンズは全部リーバイスでいいんじゃないかとすら思いました。そういうと嘘っぽく聞こえちゃうかな?」

仕事中はもちろん、就寝時以外は家でくつろぐときもずっとジーンズをはいているという佐渡島氏。実際、このエンジニアード・ジーンズ™も、それを可能にするほどストレスのないはき心地ということだろう。事実、人間工学に基づいた立体裁断で動きやすく、20年前にはなかった4WAYストレッチの生地を採用し、より進化した柔らかさと軽やかさを実現しているだけのことはある。

しかし、なぜ佐渡島氏は365日ずっとジーンズをはくようになったのだろうか。そこには、佐渡島氏の仕事観の変遷があった。

次ページ外見はシンプルに、中身を磨く
お問い合わせ
リーバイ・ストラウス ジャパン
関連ページ
ビジネスの場で「あえてデニムをはく男」の野望