「Jira」が世界の先進企業に使われる理由

もはやチームにスーパースターは必要ない

株式市場で銘柄を識別するために用いられるティッカーコード。通常は企業名を短縮して名づけられるため、無機質なアルファベットが並ぶことになる。しかし、企業名と関係なく、「TEAM」とティッカーコードを名づけた会社がある。プロジェクト管理ツール「Jira Software」で知られるオーストラリア発のソフトウエア開発企業・アトラシアンだ。

成長の秘密は、“お互いが支え合うチーム”

2002年、オーストラリアに住む二人の大学生がプロジェクト管理ツールの「Jira 1.0」を発売した。それがアトラシアンの始まりだった。

現在、アトラシアンはグローバル9拠点で2500人以上の従業員を擁し、その製品のユーザーは全世界で13万社以上にのぼる。日本では日産自動車やヤフーなどの大手企業が導入している。

アトラシアン
日本法人代表取締役社長
スチュアート・ハリントン

同社が成長を遂げた背景にはチームのパフォーマンスを最大限に引き出す企業文化があり、その精神が製品に反映されたからこそ世界中で受け入れられている。アトラシアンは、いかにして生産性の高いチーム体制をつくり、製品を磨いてきたのか。日本法人代表取締役社長のスチュアート・ハリントン氏に聞いた。

「私たちは、『Jira』のほかにもチームのコラボレーションを促して生産性を高めるさまざまなツールを提供しています。『フォーチュン500』の60%以上、そのうちのトップ100社の80%以上にアトラシアン製品をご利用いただいています」

次ページ「感謝を形にする」プレゼントシステム
関連ページ
「デジタル化」グローバルで進める日産の本気
大企業の鈍重な開発体制を変えた手法とは?
「頼れるリーダー」がチームをダメにする理由
変化の時代には「一緒に成長する」ことが大事