休めない医師が実践する「免疫力アップ法」

プラズマ乳酸菌という「援軍」を

冬本番を迎え、風邪やインフルエンザが猛威を振るう季節がやってきた。そうしたウイルスや感染症を予防していくために、有益な方法とはどんなものだろうか。健康な体づくりのエキスパートの予防法を、日比野佐和子医師に聞いた。

生活習慣の改善で免疫力アップ

「風邪やインフルエンザの予防には、まず手洗い、うがいを徹底することが重要ですが、次にできることは免疫力を上げることです。それには生活習慣の改善が何より重要です」

こう話すのは、最先端医療を駆使したアンチエイジング治療などで信頼の厚い「Y’sサイエンスクリニック広尾」の日比野佐和子医師。時には徹夜することもあるというほど多忙な中でも、自身の健康管理は徹底している。

「忙しさによって規則正しい生活を送れないというのは、きっとビジネスパーソンの皆さんも同じですよね。ただ、忙しさを言い訳にせず、生活習慣を見直してできることを毎日繰り返すと、体調も良くなり、免疫力もアップし、風邪をひきにくくなります」

実は、日比野医師も忙しさに流されて、スキマ時間にコンビニ弁当をかき込むような不規則な生活を送る20~30代の時期があった。40代に入り、危機感を感じて生活習慣を見直したところ、免疫力がアップして体調が改善し、さらに、特別なダイエットもせずに1年で15㌔もやせたという。

日比野医師が行ったのは、まず食事、睡眠、運動のバランスを整えること。食事は自炊に切り替え、昼はおにぎりを持参。朝は、果物や野菜を中心とした良質な食事を取るようにしている。

ただし、食事の回数は1日5回。朝昼夕に加えて、午前と午後に間食を取ることで、緩やかな血糖値をキープしている。

次ページ血糖値が一気に上がるとどうなるか?
お問い合わせ
キリン(プラズマ乳酸菌レポート)