日本は圧倒的に「運動不足」大国だ

24時間ジムが離島にマシンを寄贈する理由

ここ10年ほどで急増している24時間営業のフィットネスジム。その先駆けとなったのが、エニタイムフィットネスだ。当ジムは不必要なサービスを削ぎ落とすなどの徹底した合理化により「24時間営業・低価格」を実現。それを武器に2018年9月には国内400店舗を達成し、2019年春には500店舗到達を見込んでいる。そんなジムが、日本のフィットネスをさらに大きく進化させるユニークな施策を打ち出している。その狙いと背景にあるものを取材した。

離島にトレーニングマシンがやってくる

アメリカ発のエニタイムフィットネスが日本1号店をオープンしたのは、2010年のこと。当時は存在しなかった「24時間営業のフィットネスジム」というビジネスモデルは日本でも受け入れられ店舗数を大きく伸ばしていった。それに続くようにして他社もこの市場に参入し、今や国内の24時間フィットネスジムの数は、400店舗超のエニタイムフィットネスを筆頭に、総計1000店舗に迫る。

次ページ離島にマシン贈与の狙いとは?
お問い合わせ
Fast Fitness Japan
  • 東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト6F
  • 03-6279-0231