「なんかダサい…」違和感を生むスーツとは?

脇から向こうが見えないスーツはアウト!

松屋銀座 紳士部 MD課 バイヤー 粟竹将氏

毎日、当たり前のように着ている「スーツ」だが、きっちり着こなすのは案外難しい。自分ではそれなりに着こなしているつもりでも、実は周りに違和感をもたらしていることも少なくない。そこで、老舗百貨店「松屋銀座」でバイヤーを務める粟竹将氏に、ビジネスパーソンがやってしまいがちなスーツの「ダサい着こなし」、「NG例」を解説してもらった。

体に合っていないスーツは見てわかる

まず、最初に挙がったのが、ジャケットとパンツのどちらか一方が体に合っていないケースだ。これは本当に多いのだという。

既製品のスーツは日本人の最大公約数に合わせてパターンが作られているため、平均的なサイズの人であれば既製品でもフィットするはず……、なのだが、上半身と下半身が同じように平均的な人はなかなかいない、というのが現実だ。

既製品のスーツは上下が同じサイズで売られるために、上半身だけガッチリしていたり、逆に下半身だけたくましかったりする人は、どこかが合わなくなってしまうのだ。部活動でスポーツに熱中していた、など、部分的に筋肉が付いてしまった方などは要注意だ。

「スーツの着こなしは、”体に合っていること”が何より大切です。体に合ってさえいれば、絶対的にスタイルがよく見えます。逆に体に合っていないと、どんなにいいスーツであってもどこかしらバランスの悪さを感じさせてしまいます」

粟竹氏はそう解説する。

もう少し細かく見ると、ジャケット一着の中でもアンバランスさが生じることもあるという。たとえば、ガッチリした肩に合わせたサイズを選ぶと、胸や腹の部分に余裕ができすぎてしまう。あるいはメタボ気味のお腹に合わせると、胸や肩がゆるくなってしまう、ということだ。そして、体にフィットしていない部分が、ダサい印象を醸しだしてしまう。

ここまで読んで、ご自身のスーツが体に合っているのか不安になった読者諸兄もいるだろう。簡単なサイズチェック方法を解説するので、まずはご自身のスーツをご用意いただきたい。

次ページジャケットの脇から向こうは見えますか?
お問い合わせ
松屋銀座