あのカードで嗜む「ステータス感」の醍醐味

航空系・交通系一体型でしっかり堪能!

また、保険の補償内容も強化されている。旅行中のケガのみならず、乗車場構内(駅改札を入ってから出るまで)でのケガまで補償されているのも、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の特長だ。

さらに、既存の「CLUB-Aカード」では、海外旅行保険は所有者本人にのみ適用だったが、「CLUB-Aゴールドカード」では同行の配偶者および扶養家族にまで適用範囲が広がった。

ほかにも、特典は充実している。JALグループ便の搭乗で、入会搭乗ボーナスとして5000マイル、翌年以降は毎年初回搭乗ボーナスとして2000マイルを受け取れるうえ、毎回のフライトマイルが25%プラスとなる。

入会特典・年間利用額100万円以上の利用特典は、5,000円以上相当の9コースから選択できる。新幹線グリーン車利用券は人気だ

また、入会時および入会翌年以降、年間利用額が100万円を超えるユーザーは、新幹線や普通列車のグリーン車利用券や紀ノ国屋特選デリカテッセン詰め合わせなどからプレゼントが1点もらえる(各5000円以上相当、9つのコースから選択)。

ちなみに、支払いでたまるマイルは、たとえば月10万円の利用で、月1000マイル、年間で12000マイルがたまる。これは東京―大阪間などの往復の特典航空券と交換できるマイル数。公共料金や保険の支払いといった日常使いを重ねるだけで、1年で旅行に行けるかもしれないというわけだ。

空の旅を、より身近に感じられそうである。1万9000円という年会費はほかのゴールドカードと比べても安くはないが、これら特典の充実ぶりは目を見張るものがある。

「家族会員」はよりお得に同様のサービスを受けられる

さらに、これまでJALカードSuicaの会員形態は「本会員」しか存在しなかったが、今回すべてのカードに「家族会員」が追加されたことも大きい。

家族に本会員がいれば、サービスや特典がほぼそのままの「JALカードSuica」を、年会費半額以下(一部カードを除く)で利用できるのである。ためたマイルは家族間で利用できるため、年会費を抑えながらより賢くマイルを使うことが可能だ。

画像を拡大
※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「Suicaのペンギン」は東日本旅客鉄道株式会社のSuicaのキャラクターです。

現在、新規入会者( 本会員)には最大8600マイルと最大3000JRE POINT、すでにJALカードSuicaを持っている場合も「CLUB-Aゴールドカード」へ切り替えたユーザーには1000マイルと2000JRE POINTが贈られるキャンペーンを実施中。家族会員カードへの入会でも、500マイルと500JRE POINTがもらえるというから、これを逃さずにはいられない。

キャンペーンを機に、仕事でもプライベートでも移動の多いビジネスパーソンにこそ、この「CLUB-Aゴールドカード」を薦めたい。

目白押しの特典と使い勝手の良さ、そして圧倒的なステータス感に、きっと満足できるに違いない。

※本文中、金額表記はすべて税抜。
※紹介のサービスや特典には各種条件があります。
詳しくはWebサイトをご覧ください。

お問い合わせ
ジャルカード
  • 〒140-8656東京都品川区東品川2-4-11