「派遣エンジニア」という働き方の真実

現役が語る「技術者一筋」を選べる派遣

「人生100年時代」とも言われる中、ビジネスパーソン一人ひとりが付加価値を生み出し続けるには、将来を見据えたキャリア形成が重要になる。その課題に応える働き方として注目されているのが「無期雇用型の技術者派遣」だ。若年層からシニアまで安定してキャリアを積めるだけでなく、高度な技術力を活かし、市場環境の変化に合わせてさまざまな分野で活躍できることに強みがあり、今後益々その働き方は注目されていくだろう。

新卒から開発・設計業務に携われる

「私は新卒で技術者派遣の道を選びました。以来、十数年になりますが、ますますそのメリットを感じるようになっています」と話すのは、齋藤大輔さん。

齋藤大輔さん

齋藤さんは大学卒業後、2001年4月に新卒で大手の技術者派遣会社に入社。現在は、大手試作品メーカーで機械設計を行っている。

「派遣」には、大きく分けて「有期雇用型」と「無期雇用型」の二種類がある。派遣先での仕事が終わると雇用契約も満了するのは「有期雇用型」。リーマンショックの時に問題となった「派遣切り」は、この有期雇用型の派遣だ。一方で、派遣会社の正社員として雇用されるため、派遣先での仕事の有無にかかわらずシニアまで長く活躍できるのが「無期雇用型」だ。齋藤さんが勤務する会社は「無期雇用型」であり、技術者が正社員として採用されている。このため、安心して日々の業務に集中することができる。

では、齋藤さんが語る無期雇用型の派遣で働くメリットとはどのようなものなのか。「まず、早くから自分が興味のある分野、しかも製品の開発や設計などに携われること」だと言う。一般的に、製品の開発や設計等の仕事に就くにはメーカーなどに就職することが多いが、入社早々から開発・設計ができる部署に配属されることはまれだ。

「技術者派遣であれば、若い社員であっても、ものづくりの上流工程に携わることができます。もちろん、高度な開発・設計をするためには自分自身のスキルを向上させる必要がありますが、目標とする技術や製品、特定顧客向けに特化した研修も数多く用意されているので、スキルアップのチャンスもたくさんあります」(齋藤さん)

明確に開発したい製品が決まっている場合はもちろん、ものづくりに携わりたいが何を開発したいか定まらない場合でも、開発設計に携わりながら様々な企業を経験できる。

次ページ唯一無二の製品をつくる「高度なものづくり」
お問い合わせ
アルプス技研