「いくぜ、人生」を掲げる保険会社の狙い

FWD富士生命、デジタルで保険を変革

2017年9月、FWD富士生命保険(以下、FWD富士生命)は、それまでの社名を変更して誕生した。同年4月に、香港などに拠点を持つ保険会社のFWDグループ傘下に加わったことを受けてのものだった。同グループの強みは、豊富な資本力もさることながら、デジタルテクノロジーの積極的な活用とシンプルでわかりやすい商品の提供にある。FWD富士生命は、デジタルの力で日本の保険業界に変革を起こそうとしている。

アジア全域を代表する保険グループを目指す

「これまで多くの外資系の生命保険会社が日本に進出してきましたが、そのすべてが欧米の生命保険会社でした。そこに初めて、アジア発の保険会社であり、アジア全域を代表する保険グループを目指すFWDが日本に進出したことは大きなエポックになると考えています。当社は、アジアに根を下ろした保険グループの一員として、これまでにないカスタマー・エクスペリエンス(顧客体験)の創出に注力しています」

こう語るのは、FWD富士生命の友野紀夫社長。

FWDグループは、「金融サービス」、「通信・メディア・テクノロジー」、「不動産開発」の3つの基幹事業をアジアで展開する香港のパシフィック・センチュリー・グループ(PCG)の保険事業部門として2013年に設立された。設立以来わずか数年で、香港・マカオ、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本で保険事業を拡大。現在はさらに他の市場への参入も検討しているという。

若い企業でありながら急成長している理由を友野社長は次のように説明する。

次ページFWDの強みはデジタルテクノロジー
お問い合わせ
FWD富士生命保険