岡山県奈義町が実現した「老いを楽しむ」社会

高齢者が、自ら主体となって動く秘訣は?

「お年寄りほどいい俳優はいない、そして、介護者は俳優であるべきだと気づきました。介護にはクリエイティブな側面があるのです」

地域再生推進法人ナギカラ
奈義町アート・デザイン・ディレクター
菅原 直樹

菅原氏は認知症によるボケは、周囲も受け入れるべきだという。認知症になっておかしな言動になるのは仕方のないこと。しかし、認知症はあくまで、認知の障害であり、感情に障害はない。いちいち失敗を指摘したりすることで、気持ちが傷つくのは、認知症の人もそうでない人も同じである。だからこそ、彼らの感情に寄り添うべきだと語る。

「私たちの常識からすれば間違ったことでも受け入れなければならない。私たちから見えないものでも、見たふりをしなければならない。そこに演技が必要になってくるのです」

 ワークショップでは、認知症を疑似体験できる即興演劇に参加してもらい、どんな気持ちになったのかを体験者にインタビューを行う。そうしたワークショップを各地区のサロンや老人ホームなどで開催、介護従事者や学生も多く参加しているという。

「〝おかじい〟と呼ばれる91歳の岡田忠雄さんという男性を俳優として起用し、一緒に芝居もつくっています。彼には認知症の奥様がおり、ワークショップをきっかけに奥様との関わり方が変わったとおっしゃっています」

菅原氏は「お年寄りほど自分の役割を求めている」と指摘する。

「岡田さんは私のことを監督でもないのに監督と呼びます。それは彼が俳優という役割を全うしたいからです。老いることは不条理に人から役割を奪いますが、人は生きている限り何らかの役割を持っていたいのです」

奈義町では、こうした多くの人たちの知恵が集まる中、松下氏がリーダーシップを執り、地域包括ケアに携わるプロたちの職業意識を刺激し続けている。それが「高齢者が自らつながる仕組み」を強固なものにしている。松下氏が言う。

「将来は奈義町も例外なく、高齢者がさらに増え、認知症も増加していくでしょう。その中で、本人がどんな最期を迎えたいのか。我々も『私らしゅう生きるノート』と題するエンディングノートを作成して、高齢者の希望や気持ちに寄り添える努力を続けています。今後も個人の尊厳を最優先に地域医療の在り方を探っていきたい。そう思っています」

 

自然とアート、生涯「総」活躍のまち
奈義町長
笠木義孝
奈義町は広い空と美しい自然、世界的な建築家である磯崎新氏による世界初のサイト・スペシフィック美術館「奈義町現代美術館」のある“自然とアート”の町です。私たちは今、元気な町を次世代に繋ぐため、大胆な地方創生事業に取り組んでいます。世界的劇作家平田オリザ氏を「教育・文化のまちづくり監」として招聘し、子供たちには「教育×演劇」を、他にも、カンヌ国際映画祭受賞監督の深田晃司監督による「映画×教育」、介護福祉士兼俳優の移住者である菅原直樹氏による「介護×演劇」など、独自の事業を展開しています。子供たちがここで「本物」に出会い、高齢者は住み慣れたこの地で安心して最期を迎えられることを目指しています。
 
 
お問い合わせ
奈義町まちづくり戦略室
  • 岡山県勝田郡奈義町豊沢306-1
  • 0868-36-4126
一般社団法人ナギカラ (奈義町指定地域再生推進法人)
  • 奈義町豊沢299-11 
  • 0868-20-1661