オリンピックの知られざるもう一つの舞台

ビジネス視点の平昌2018冬季オリンピック

2年に1度、世界中の人々を熱く魅了するオリンピック。今年も2月9日~25日までの17日間にわたり開催された平昌2018冬季オリンピックに、夢中になった方も多いことだろう。日本をはじめ、参加国の選手たちが活躍する輝かしい舞台の裏には、このビッグイベントを支える数々のスポンサーが存在している。オリンピックを一企業の「ビジネス上の戦略」という視点からとらえると、表舞台とはまた違った光景が見えてくる。

世界中の注目を集めた「Thank You, Mom」とは

オリンピックのスポンサーにはいくつかの種類がある。国際オリンピック委員会(IOC)と「TOP(The Olympic Partner)プログラム」の契約を締結するのは、ワールドワイドオリンピックパートナーと言う。「TOP」という名の通り、最高位スポンサーとして世界中で自社製品・サービスとオリンピックを絡めたキャンペーンを展開できる権利が与えられる。平昌2018冬季オリンピックの最高位スポンサーは13社。そのうちの1社が日用消費財メーカー、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)だ。

衣料用洗剤「アリエール」や柔軟剤「レノア」、ヘアケアブランド「パンテーン」、乳幼児用紙おむつ「パンパース」、エアケア製品「ファブリーズ」などP&Gの製品は生活になじみの深いものが多い

P&Gは世界約180カ国で事業を展開するグローバル企業であり、日本でも衣料用洗剤「アリエール」やエアケア製品「ファブリーズ」などのブランドで広く知られている。

その一方で、マーケティング戦略においても世界トップクラスの企業という側面を持ち、オリンピックもビジネス戦略の一環として活用している。

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 執行役員 ブランドマネジメント 
松浦香織

P&Gでマーケティング部門のヘッドを務める松浦香織氏は「私たちは自社商品に絶対的な自信があります。マーケティングとは、こうした商品に対して消費者の知覚変動を起こすこと。つまり、いままで必要ないと誤解していたり、欲しいと思わなかったりしたものを購買につなげることだと考えています。

当社の場合、マーケティング活動を一時的な企画や広報として行うのではなく、成長戦略の根幹としてとらえている点が他社にはない強みです」と言う。

P&Gがオリンピック最高位スポンサーに就いたのは、2010年7月。その背景について松浦氏は「スポーツを通じてよりよい世界を構築するというオリンピックの精神と、世界中の人々の暮らしをよりよくしていくというP&Gの企業理念が合致するため」と話す。

2012年のロンドン大会を手始めに、ソチ2014、リオ2016、平昌2018冬季オリンピック、そして2020年開催予定の東京オリンピックまでの5大会を支援する傍ら、P&Gは世界共通のテーマ「ママの公式スポンサー(Thank You, Mom)」の下、オリンピック出場選手とその母親や家族を応援するキャンペーンを全世界で展開している。

次ページオリンピックのスポンサーシップをビジネスに活用
お問い合わせ