短期集中型「英語ジム」という選択肢 英語学習の新たなトレンドが、ここに

「英語力を、仕事で使えるレベルまで一気に上げたい。しかも、短期間で」。こうした切迫したニーズに応える、新しいスクールが急増中だ。2015年5月にオープンして以来、すでに全国9拠点を展開するENGLISH COMPANYもその一つ。わずか90日でTOEIC(R)のスコアが400点もアップしたケースがあると聞き、スタジオを訪ねた。「英語はもっとスマートに学べる」。世界に近づく、新しい道がそこにあった。

短期間×パーソナルトレーナーという英語学習のトレンド

JR品川駅の高輪口から歩いて数分。品川ステーションビルの9階に「ENGLISH COMPANY」の品川スタジオがある。木製のテーブルと椅子が配置されたシンプルなインテリアのスタジオで、受講生はトレーナーとペアになってトレーニングをする。トレーニング期間は3カ月と短い。

現在、英語学習のマーケットでは、こうした短期間でパーソナルトレーナーが指導する英語スクールが一つのカテゴリーとして認識されるほど拡大している。ENGLISH COMPANYの門をたたくのは、TOEIC(R)で400~600点というレベルのビジネスパーソンが多い。上司が外国人になった、外資系企業に買収されて社内会議を英語で行うようになったなどと、早急に英語力を向上させなくてはならない事情を抱えて申し込んでくる人が多いという。それだけ英語に対する切実なニーズが増えているとも言えるだろう。

ENGLISH COMPANYでは、トレーナーは担当する受講者のレベルに合ったカリキュラムを組み、スタジオで行うトレーニングを週2回、計180分、3カ月間続ける。それ以外は受講生が自宅や通勤時間などを利用して自習することになるが、トレーナーとともに目標や学習内容を決め、進捗状況はSNSやメールを使用してトレーナーが管理する。受講生はスマートフォンに録音した英語の音声をトレーナーに送り、発音についてアドバイスしてもらうことも可能だ。

第二言語習得研究に基づく効率的なトレーニングを実施

トレーナーは専門知識を武器にトレーニングを提供する。

岡 健作
代表取締役
@oka_kgs

「第二言語習得研究という学問に基づいて、効率的に英語力を向上させるパーソナルトレーニングを行います」と語り始めるのはENGLISH COMPANYを運営する恵学社の岡健作代表取締役。「受講生の課題を的確に発見することが重要な意味を持ちます。課題がわかれば、世の中にたくさんある英語学習のメソッドからその課題を解決するものを選び出して提供できます。パーソナルトレーニングとは、課題の発見と適切な解決策の提示にほかなりません。そして、課題発見の上で非常に重要なのが、第二言語習得研究の知見です」。

次ページ「第二言語習得研究」とは何か?
お問い合わせ
恵学社
StudyHacker ENGLISH COMPANY
東京都新宿区本塩町7
新井ビル4F
 03-6274-8702
 info@keigakusha.jp
 https://englishcompany.jp/