「ボディソープでゴシゴシ」は洗いすぎです

乾燥肌を防ぐには毎日の入浴に秘訣あり

体の洗いすぎを防ぐには、ものによるバラツキ多いボディソープよりシンプルな浴用せっけんがおすすめ。浴用タオルも柔らかいものを選ぼう(写真:Graphs/PIXTA)

冬になると、背中や脚、体がかゆくて悩ましいという人が多くなります。着替えているときについあちこちかいてしまう、寝るときにかゆくて安眠できない、白っぽく乾いていてところどころ粉がふいたり小さなかさぶたができている、などの症状が見られたら、乾燥によるかゆみの可能性が高いでしょう。医学的には乾燥性敏感肌、乾皮症、皮脂欠乏性湿疹などと呼ばれます。このようなかゆみを感じた場合、どのようにケアしたらよいのでしょう。

かゆいからかゆみ止め、と考える人が多いですが、その前に、原因となっている乾燥を改善しなければなりません。

せっけんを毎日使わなくていい

乾燥肌は体質や年齢によるものもありますが、まずは洗い方を見直すことが大切です。お風呂で体を洗うときに、洗いすぎている人が多いのです。

この連載の過去記事はこちら

ボディソープをたくさんつけて、ナイロンタオルやスポンジなどで泡を立てて、勢いよくゴシゴシ…という洗い方をしていませんか。このような洗い方が標準と思っている人がいますが、これでは洗いすぎです。洗浄剤はボディソープよりも、固形せっけんのほうが無難です。ボディソープのすべてが強いということはないですが、ものによってばらつきが大きく、選ぶことが難しいのです。

固形せっけんはせっけん成分を主体としているものが多く、大きな間違いがありません。ただし「無添加せっけん」と呼ばれるものは保湿成分もあまり含まず、かえって強すぎることがあります。普通の、シンプルな浴用せっけんがオススメです。

次ページはやりの「手洗い」はアカが落ちない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。