キリンHD、1949年の上場来初の最終赤字へ 

ブラジル子会社の減損を計上

 12月21日、キリンホールディングスは、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。写真は 都内で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - キリンホールディングス<2503.T>は21日、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。1949年のキリンビール上場以来、初めての最終赤字となる。子会社のブラジルキリンで2015年12月期に減損損失が発生、約1140億円を特別損失として計上することが主因。

ブラジル経済の悪化により、消費が停滞。ブラジル事業は、販売数量減や通貨安に見舞われ、苦戦が続いている。減損損失見込み額は約1412億円となる。

同社は、平準化EPSに対する連結配当性向30%を基準としている。特別損失の計上は、平準化EPSへの影響がないため、年間配当38円の予想については据え置く。

 

(清水律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。