キリンHD、1949年の上場来初の最終赤字へ 

ブラジル子会社の減損を計上

 12月21日、キリンホールディングスは、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。写真は 都内で2013年1月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 21日 ロイター] - キリンホールディングス<2503.T>は21日、2015年12月期の連結最終損益が560億円の赤字(従来予想は580億円の黒字)になるとの修正見通しを発表した。1949年のキリンビール上場以来、初めての最終赤字となる。子会社のブラジルキリンで2015年12月期に減損損失が発生、約1140億円を特別損失として計上することが主因。

ブラジル経済の悪化により、消費が停滞。ブラジル事業は、販売数量減や通貨安に見舞われ、苦戦が続いている。減損損失見込み額は約1412億円となる。

同社は、平準化EPSに対する連結配当性向30%を基準としている。特別損失の計上は、平準化EPSへの影響がないため、年間配当38円の予想については据え置く。

 

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。