キリンも見込んだビール会社が次なる一手

長野のビールメーカーがネットで新展開

「Amazon.co.jp限定商品ストア」で発売した「月面画報」。ターゲットは、好きなものを楽しみ、自分だけの時間を大切にする40代のこだわり”ソロ活動男”としている

日本のビールメーカーが初めてアマゾン限定商品を開発し、12月から販売を始めた。といっても、売り出したのは大手メーカーではない。長野県に本社を置くヤッホーブルーイングだ。「よなよなエール」、「水曜日のネコ」など、個性的なブランドで、クラフトビールを展開している。

明確な定義はないが、クラフトビールは規模の小さな醸造所で造られるビールを指すことが多い。業界の推計では、現在の市場規模は、ビール類(発泡酒・第3のビール含む)のわずか0.5%、年間2.7万キロリットル程度。1996年に設立され、従業員103名(2014年12月1日時点)を抱えるヤッホーはこのニッチなカテゴリーで”シェアトップ”を走る。

親会社は国内各地で高級旅館やリゾートホテルを手がける、あの星野リゾートだ。2008年から2代目のヤッホー社長を務めるのは井手直行氏(47)。個人経営の広告代理店で営業の仕事をしていた頃、クライアントだった星野リゾートグループの星野佳路社長から「ビール事業を始める」と声をかけられ、創業メンバーとして入社した。

キリンビールと提携

価格競争に巻き込まれることなく、ヤッホーは9年連続で増収増益を達成し、「利益率は二ケタを確保している」(井手社長)という。実際、アマゾンにおける商品の販売価格を見ても、その違いは明らかだ。350ミリリットル・24缶入りの価格は、アサヒビールの「スーパードライ」が4406円、キリンビールの「一番搾り」が4515円。これに対し、ヤッホーが限定商品として売り出した「月面画報」は6912円と、大手の看板商品に比べて1本あたり100円程度高い。

売上高は開示していないものの、ヤッホーではインターネットの販売が全体の約3割を占める。大手ビールメーカーが1%に満たないことを考えれば、この比率の高さは大きな特徴といえる。楽天市場の4万店以上の店舗から毎年140店が選ばれる「ショップオブザイヤー」には7年連続で選ばれている。独自の展開で存在感を高めるこの会社に目をつけたのがキリンビールだ。今年9月に同社はヤッホーとの業務提携と出資を発表。星野リゾートの保有株式の一部譲り受けと、増資の引き受けで合計33.4%取得した。

次ページ業務提携の狙いは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。