超一流でも「ものづくり」だけでは稼げない

デザインとマーケティングの重要な役割

12月12日に行われたスタートアップイベント「HEART CATCH 2015」でプレゼンをするNeuroSpaceの小林孝徳社長

いい技術はあるけれども事業にできない、ものづくりは一流だけど収益が上がらない、そんな悩みを抱える企業へのヒントとなるようなイベントが開催されました。

本稿では、デザインとマーケティングとスタートアップが出会うことで生じる大きな変化について記載します。

新しいスタートアップイベント

この連載の過去記事はこちら

12月12日、天王洲アイルの寺田倉庫のイベントホールで、少し変わったスタートアップイベントが開催されました。

IDEOの野々村健一氏、takram design engineeringの田川欣哉氏、エムテドの田子學氏、btraxのBrandon Hill氏など、スタートアップイベントではあまり見かけないスピーカーが名を連ねます。彼らは、デザインとマーケティングの第一人者。そのスピーチやパネルディスカッションの間で、5社のスタートアップがプレゼンテーション。それぞれのプレゼンの前には、「before」として悩みを抱える企業の紹介動画が流れ、その後、起業家が登壇、デザインとマーケティングの集中支援を受けた「after」の変貌ぶりを華やかに披露します。

このイベントはHEART CATCH 2015。西村真里子氏が率いるデザインとマーケティングに特化したアクセラレーションプログラムの発表会です。プログラムにおいては、いい技術やビジネスモデルがあるものの、市場展開が十分にできていないスタートアップ企業に対して、一流のデザイナーとマーケティング専門家が2カ月間のメンタリングを提供して、ビジネスを磨き上げています。西村氏はプログラムの意義を次のように語ります。

「世界のスタートアップをSXSW、CESのような大規模イベントや、ロシア、インドなどで見て来た中で、日本のスタートアップの技術力の高さ、作り込みのすばらしさは誇れるものだと感じた。一方、「そのサービスやプロダクトが誰のためのもので何を解決するものなのか?」と質問しても明確な返事がないケースが多い。スタートアップにプロフェッショナルなデザイナーとマーケターが混じり合うと化学反応が起き、ターゲットやメッセージ、事業コンセプトが明確な、競争力ある企業が生まれる可能性がある。それを確かめたかった」

このプログラムによる化学反応の結果は、どのようなものでしょうか。

次ページいいものを作ることと売ることは別もの
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。