ホンダ「2190万円バイク」が背負う重大使命

熟練技術者25人が手作業、年明けから納車

ホンダは2輪のフラグシップモデル「RC213V-S」を投入、価格は2190万円

「日本のものづくり力は世界で負けていないことを示したい」

ホンダで2輪事業を担当する鈴木哲夫執行役員は、11月末に熊本製作所で開いたフラッグシップモデルの製造見学会でこう述べた。

価格は税込2190万円。バイクのロードレース世界選手権の最高峰「モトGP」で2013年、2014年と2連覇を達成した車両を公道で走れる仕様にした「RC213V-S」だ。ホンダのバイクのこれまでの最高額は1992年に発売された「NR」の520万円で、この記録を一気に塗り替えることになる。

コンセプトは「世界一操りやすいマシン」

排気量は1000cc。最高出力はレース仕様から3割程下げているが、仕様変更は必要最低限にとどめ、「世界一操りやすいマシン」という本物の乗り味を再現することにこだわった。鈴木執行役員は「今後開発する全てのバイクに『思い通りに全てが動く』というエッセンスを入れていきたい」と話し、今回の開発で得られた知見を今後活かす考えだ。

 
次ページ注文の状況は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
「変な会社」ロート製薬

23期連続増収を達成したロート製薬。成長を続ける背景にはとがった発想を生む組織風土があった。あだ名で呼び合う、朝は週替わり体操…変幻自在のマネジメントの秘密に迫る。

  • 新刊
  • ランキング