日本のベンチャー育成は、西海岸と繋がるか

スタンフォード大学で話し合われたこと

10月30、31日に開催された「MOMENT2015」のイベントの様子をご紹介する

シリコンバレーの中心であるスタンフォード大学において、日米の主要なベンチャー関係者が集まるカンファレンス「MOMENT2015」が、前例のない大きな規模で開催されました。本稿では、活気あふれるイベントの様子とその目指すところの日本とシリコンバレーのベンチャーエコシステムの連動について紹介します。

MOMENT2015とは?

10月30、31日、抜けるように青く晴れたシリコンバレーの空の下、スタンフォード大学のAlumni Center会議場に600人を超える日米のベンチャー関係者が集まりました。

日本からは、日本ベンチャーキャピタル協会会長をはじめ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトファンド、東京大学エッジキャピタル、NTTドコモベンチャーズなど主要なベンチャーキャピタルの代表と、海外展開を目指す起業家、大企業の新規事業担当役員など約250人が渡米して参加。「始動Next Innovator」の米国派遣メンバーも加わりました。(「始動プロジェクト」についてはこちらの記事をご覧ください。)

米国からは、Andreessen Horowitz、Accel Partners、Index Ventures、Mayfield Fund、Bessemer Venture Partners、DCM、500 Startupsといった全米トップクラスのベンチャーキャピタルの代表と、弁護士、コンサルタント、メディア関係者、大学教授、学生が参加しました。

今までに例のない豪華メンバーと規模で開かれた「MOMENT2015」は、経済産業省が主催する日米ベンチャー関係者の連携強化のための会合です。「出会いの瞬間」を作るということでこの名前になりました。

次ページこのイベントが始まったきっかけ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。