インテルを創った「天才3人」の葛藤

半導体産業を率いた業界トップの軌跡

インテルを語りながら、米国現代ビジネスの素顔をくっきりと浮かび上がらせる(撮影 : 今井康一)

くっきり浮かび上がる 米国現代ビジネスの素顔

『インテル 世界で最も重要な会社の産業史』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

現代社会に欠かせない、エレクトロニクス産業の基礎を築いたインテルの、傑出した3人のCEOの才能と個性を通して、企業とは、経営とは、研究・開発とは、競争とは、そしてリーダーとは何かを鮮やかに描いた「産業史」の傑作である。

現代技術の進化の象徴ともいえる「ムーアの法則」(コンピュータ・チップの性能は1年半から2年ごとに2倍になる)を唱えたゴードン・ムーア。彼は出会った人々を魅了し敬愛された。女性を含め皆から愛されたロバート・ノイスは、インテルを率いた傑出した技術者でありリーダーだった。そしてホロコーストと共産主義という二つの狂気と圧政から脱出した、先見性、決断力、強い意志に富むアンドレー・グローブ。この3人のCEOが織りなす、半導体産業の中心であり続けた企業の陰影は、それぞれの存在が欠かせないものとして、原題にある「TRINITY」(三位一体)と言うにふさわしい。

紹介されている、ムーアによる1965年の技術の予測には、携帯、自動車の自動制御、電子腕時計など並んでいるが、彼らの卓越した先見性に驚く。

膨大な本書から溢れてくる「物語」は、素晴らしい翻訳も手伝って、さまざま場所で読者を立ち止まらせる。会議とはどういう場か。ビジネスの場で怒りはどのようにして克服(発散)するのか。個人と企業による困難への立ち向かい方。そして何よりも大きな失敗からの学び方だ。友情、確執、勝利、敗北、そして理解。登場人物の日々は読者の日々と重なるだろう。

インテルを語りながら、シリコンバレー(まさに半導体の谷)の始まりとその後の発展をスケッチし、それによって米国(そして世界)の現代ビジネスの素顔をくっきりと浮かび上がらせる傑作である。

著者
マイケル・マローン(Michael S. Malone)
米サンタクララ大学非常勤教授。米ウォールストリート・ジャーナルにインテル担当として長年にわたり定期寄稿。米サンノゼ・マーキュリーニュースでの調査報道でピュリッツァー賞候補に2度選ばれる。サンタクララ大学でMBAを取得。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。