リーガロイヤル大阪が再開発を延期した裏側

森トラストとの提携を解消、頼みは幻の鉄道

竣工から50年超過ぎ、リーガロイヤルホテル大阪も建て替え時期に(撮影:尾形文繁)

皇族も利用し、“大阪の迎賓館”とたたえられた「リーガロイヤルホテル大阪」(以下、大阪本館。地図中央)が、揺れに揺れている。

所有、運営するロイヤルホテルは、老朽化の進む大阪本館の建て替え完了を2021年に予定。が、当面延期し、2位の大株主である、森トラストとの提携関係を見直すと発表したのだ。

宴会場、豪華な客室を備える大型ホテルの建て替え費用は、たとえばホテルオークラで総額1100億円、旧赤坂プリンスホテルで980億円など、巨額だ。そのためロイヤルホテルは、2011年から森トラストと組んでの再開発を計画していた。しかし、2020年の東京五輪開催が決まり、拡大する訪日外国人客の需要を取り込むため、延期して自社主導で再開発を行うという。

軌道修正は今年に入って2度目

同社の軌道修正は今年に入って2度目。7月には、朝日新聞社が建設中の中之島フェスティバルタワー・ウエストに、高級ホテルの開業を予定していたが、優先交渉権を失い、事実上断念したばかり。二つの成長戦略がいったん白紙となった。

ロイヤルホテルは、1990年代の拡大路線が行き詰まり、2000年に債務超過に転落。メインバンクの三井住友銀行から300億円近くの債務免除を受け、2006年に森トラストの傘下に入るなど経営再建途上にあった。2011年には東日本大震災による自粛ムードのあおりを受け、170億円超の特別損失を計上、大阪本館の土地を森トラストに170億円で売却していた。

次ページ単独で大阪本館を建て替える体力はない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。