ヒトと犬がネアンデルタール人を絶滅させた

ヒトは史上最強のインベーダーだった

なぜネアンデルタール人が絶滅し、初期現世人類は絶滅しなかったのでしょうか(写真 :dmbaker / PIXTA)

なぜネアンデルタール人が絶滅したのか

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

本書『ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた』は「なぜネアンデルタール人が絶滅し、初期現世人類は絶滅しなかったのかという人類学の大問題」に、最新の研究結果と巧みな想像力で迫っていく、知的興奮に満ちた1冊である。

原書である『The Invaders』は2015年3月に出版されたばかりで、著者が引用している論文はここ数年で発表されたものも多く、古人類学の知識を大幅にアップデートできる。本書で描かれるネアンデルタール人の真の姿、絶滅への過程、侵入者としてのヒトとイヌの姿はこれまでの常識とは大きく異なり、驚かずにはいられない。

ネアンデルタール人絶滅という大問題には、これまでもさまざまな角度から解答が提出されてきた。有力だと考えられてきたものの1つは、気候変動説。ネアンデルタール人が地球上から姿を消した頃の気候は非常に不安定で、数100年という短い周期で温暖期と寒冷期をいったりきたりしていた。しかし、気候変動だけでは、説得力ある説明にはならない。なぜなら、ネアンデルタール人絶滅時期の気候変動は確かに激しいものであったが、それ以前にはもっと過酷な寒冷期や気候の変動があったからだ。気候変動だけで絶滅したのなら、もっと前に絶滅していたはずなのだ。

次ページヒトとイヌがネアンデルタール人絶滅の大きな要因
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。