ギボシムシと人間、遺伝子的には親戚だった

沖縄科学技術大学院大学が研究を主導

ギボシムシは、ヒトの親戚だった!(動画ページ

この度あなたのイトコになった、ギボシムシ君をご紹介しよう。

顔立ちが似ているといったことはあまりないかも知れないが、最近の研究によると、ヒトは他の生物とよりも、このミミズと多くの遺伝子を共有しているという。

研究を主導したのは沖縄科学技術大学院大学。海から採取したギボシムシのゲノム配列を解析したところ、8600の遺伝子が新口動物の間で共有されていることが分かった。

新口動物とは多様な種を含む動物の大分類で、ギボシムシ、ヒトデ、カエル、イヌ……そしてヒトもここに含まれる。

研究者によると、ヒトが持つ遺伝子の約70%について、全ての新口動物に共通する祖先までたどっていくことができるという。この祖先が生きていたのは約5億年前で、今は絶滅してしまった。

世界各国の研究者チームが共同でおこなったこの研究は、科学雑誌「Nature」誌上にて発表された。

原語はこちら

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。