「就職に強い女子大」ベスト60校ランキング

ノートルダム清心女子大学がトップ

女子大の就職率が高いのは、面倒見の良さが理由。入試難易度に比べて就職率が高いことが多い。写真は日本女子大学(撮影:谷川真紀子)
進学先として女子大の人気が低下しているが、就職をする場合、女子大と共学はどちらが有利なのか。女子大の中でもどの大学が、どのような実績を挙げているのか。大学通信 情報調査・編集部の井沢秀チーフが、「女子大の実就職率ランキング」を基に女子大の就職状況について解説する。

共学の大学と比較すると、女子大は就職率が高い大学が多い。大学通信が全大学(医学科と歯学科の単科大学を除く)を対象に行った2015年卒の就職状況調査によると、共学の大学の平均実就職率(注)が84・4%なのに対し、女子大の平均値は85・3%と約1%ポイント高い。女子大の実就職率ランキングを見ると、90%超の大学は14校に上る。

(注)実就職率=就職者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100

就職率が高い要因は、女子大特有の面倒見の良さにある。学生数がコンパクトな大学が多く、教職員の目が行き届きやすいため、入学後に実力が伸びる学生が比較的多いことが、就職力に結びついているのだ。

トップはノートルダム清心女子大学

全体的に就職率が高い女子大にあって、実就職率ランキングで今回トップになったのはノートルダム清心女子大。文学部と人間生活学部の2学部から成る大学だ。就職者数が最も多いのは「学校」で、今春は122人が保育士を含む教員として就職している。地元の岡山県の金融機関にも強く、中国銀行、全日信販、トマト銀行などの就職者が多い。

2位の福岡女学院看護大は、2008年に設立された歴史の浅い大学ながら、96・3%と高い実就職率となっている。医療系の資格の中でも看護師国家試験は合格率が高く、就職も売り手市場ということが高い実就職率の要因となっている。

次ページグローバル化を推進した昭和女子大
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。