荒波を乗り越えた「老舗企業」ランキング200

就職先候補をさまざまな視点で研究しよう

新潟の第四銀行が、現存する上場企業の中ではもっとも設立年月が古い。石造りの旧住吉町支店はその伝統を伝える建築遺産だ(写真 : SH300 / PIXTA)

ベンチャー企業に魅力を感じて、志望する学生は多い。一方、伝統のある老舗企業に対して閉鎖的、硬直的といったイメージを持ち、敬遠する学生は少なくない。しかし、ちょっと待っていただきたい。老舗企業には長年存続し続けてきたすごみがある。

たとえば、明治時代中期の設立となれば、日清・日露戦争、関東大震災、昭和大恐慌、第2次世界大戦、戦後の混乱、石油ショック、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災など、ありとあらゆる困難を乗り越えてきたことになる。ただ単に保守的で、前例を踏襲するだけの企業だったならば、生き残れなかったはずだ。経営力が優れていたからこそ、設立から100年以上経過しても存続しているのだ。

多くの企業が誕生するが、存続は容易でない

中小企業庁の調査では、起業後10年後には約3割の企業が、20年後には約5割の企業が廃業している(2011年版中小企業白書)。毎年、多くの企業が誕生するが、存続は容易ではない。調査を見れば老舗企業の強さがよくわかる。

また、老舗企業イコール閉鎖的というのは誤解だ。老舗企業でも上場企業ならば、業績や財務内容がガラス張りである。反面、ベンチャー企業であっても、上場していなければ外部に会社情報を公開していない。会社の情報はオーナー(=大株主)社長が独占して、社員といえども企業の実情がよくわからないことがある。老舗というと血縁のオーナー社長が牛耳っているイメージがあるかもしれないが、オーナーがいる場合に、そのオーナーが圧倒的に大きな力を持っているのはベンチャー企業も同じだ。

次ページ上位5位を独占した業種は…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。