キャビンアテンダントの採用試験を徹底公開

「CA」就職講座 今やっておくべきこと<1>

CA内定者はモチベーションが高く、内定後も積極的に活動している(10月の都内で開催された内定者セミナーにて、撮影:今井康一)
採用選考解禁が6月1日に前倒しとの報道を受け、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)など航空会社のキャビンアテンダント(客室乗務員 以下「CA」)を目指している学生のみなさんは、「そろそろ準備をしなければ!」と気持ちを引き締めておられることでしょう。今回から、CA採用試験のために「今の時期に知っておくべきことや、やるべきこと」を3回シリーズでお伝えしていきます。さあ、すぐにスタートしましょう!

決して特別ではないCA就職試験内容

「多くの女性が憧れるCAになるための試験なのだから、さぞかし難しい内容だろう」と考える志望者が多いのですが、実はエアラインの採用試験はごくごく一般的な内容なのです。

<日系大手航空会社のキャビンアテンダント採用試験の流れ>
1次選考 エントリーシート(ES)による選考
2次選考 集団面接試験(対面式の面接やグループディスカッション)
3次選考 集団面接試験 または 個人面接試験
最終選考 個人面接試験
※面接に並行し、筆記試験や英語筆記試験(資格証明書提出で免除可)、英会話試験、健康診断・体力検査などが実施される

上記がエアラインのCA採用試験と知らなければ、どれだけの人がそれとわかるでしょう。では次に、エントリーシート(ES)からもう少し詳しく2015年の採用試験の中身について見ていきましょう。

ESには、連絡先などの個人情報、外国語のスキル証明、留学経験(JALやANAのCAの場合半年以上の留学経験に限る)の記載欄があり、一般企業のESと同じく設問に回答する欄もあります。

「志望動機」や「自身のキャラクター、これまでに努力や挑戦してきたことを交えて自身のアピール」(ANACAのES)、また「これまで力を注いだことからの挑戦や学び」や「もっとも大切にしていること」、そして「志望理由とJALで実現したいこと」(JALCAのES)など内容もごくごく一般的です。

次ページ特別難易度が高くはない英語
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。