2流3流先輩社員の小言を聞いてはならない

自分を奮い立たせるために必要なこととは?

くじけそうになったとき、どうやって自分を奮い立たせればいいでしょうか?(写真 :tooru sasaki / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

【キャリア相談vol.66】自分を奮い立たせるにはどうしたらよいか
毎回、記事を楽しく拝見しています。私自身いろいろと努力をし、少しでも前に進みたいと思っており、本も参考に日々、仕事にそして勉強に奮闘しています。
しかしそうは言うものの、時にはくじけそうになったり疲れがたまったり、どうしても嫌になることもあると思います。どういった考えで自分を奮い立たせればいいでしょうか。また、安井さんが20代半ばまで何か具体的にされていたことなどがあれば、ぜひ参考にさせてください。
会社員 努力100%

 

「自分を奮い立たせることが必要のない状態に自分自身を置く」のが理想です。自分自身でいられる居場所を人生で見つけ、イヤになる、「悪い疲れ」を引き起こす状態にいる現状を打破することがカギでしょう。

私自身、仕事を開始したときのダメな状態から、かなり上を目指していたため、自分自身を奮い立たせる必要性を感じたことはあまりありませんでした。やるしかないという感覚だったということです。自分が楽しんで成長できることをやっていたため、ストレスを感じたこともありませんでしたし、疲れても「いい疲れ」だったと思います。

次ページ必要な4つのこと
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。