シャープが「ロボホン」に込めた再生への覚悟

ロボット型携帯電話が担う、脱"液晶戦略"

シャープは2016年前半にも、モバイル型ロボット電話「ロボホン」の販売に踏み切る

「僕ロボホン、こう見えて電話なんだ」――。黒い大きな目を光らせ、自己紹介をする。記者が「かわいいね」と話しかけると、「えへへ」と照れてみせた。

シャープは10月6日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)を2016年前半に発売すると発表した。

「スマートフォンと人型ロボットの融合」というコンセプトのもと、音声通話やメールはもちろん、頭部に小型プロジェクターとカメラを搭載しており、撮影した写真や映像、地図などを壁や机に投影することもできる。契約可能な通信キャリアや価格、販売数目標は現時点では未定だ。

ロボホンで携帯電話のあり方を変える

シャープの長谷川祥典・代表取締役専務執行役員は「携帯電話がタッチ操作機能で進化を遂げたように、ロボホンの愛らしい姿や動き、音声対応インターフェースによって、電話のあり方が変わる」と自信を見せた。

ロボホンは、シャープとロボットクリエイター・高橋智隆氏が共同で開発した。シャープは高橋氏が開発を手掛けたパーツ組み立て週刊誌「ロビ」(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)の大ヒットを見て、2年半ほど前に声をかけたことから、プロジェクトがスタートした。

生みの親が同じであるだけに、ロボホンの外見はロビを彷彿させる。「ほかのメーカーさんからもお声がけはあったが、開発のビジョンが一致し、大規模に販売していけるシャープさんと意気投合した」(高橋氏)。

次ページロボホンの意義とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。