できる人ほど「心のクレンジング」をしている

ニューヨーカーも夢中、「瞑想」の威力とは

ニューヨークでは仕事帰りにヨガスクールに通う人が少なくない(写真:wabebreakmedia/PIXTA)

ニューヨークに来る前は、こんな夢のような素敵な場所は世界中ほかにはないと思っていました。映画で見たニューヨークしか私には情報がなかったので、ここにくればロマンスも仕事もすべて手に入ると思っていたんですね。

ところが、いざ住んでみると毎日急かされ、家賃を払うために働いて日々が過ぎて行くばかり。誰もが自分の仕事で頭がいっぱいで、人に対しての思いやりとかサービス精神がなくなってしまう。今回はそんなニューヨークのある日常の一コマを紹介します。ひょっとしたら皆さんも似たような経験があるかもしれません・・・。

ニューヨークでよく見る「地獄」

役所に免許などの更新や申請をしに行くとします。朝一で行っても、すでに行列が出来て数時間は待つというのがここでは当たり前。日本ではお客さんが声を出して文句を言う状況はあまり見ないですよね。でも、ニューヨーカーは不満を抑えられない人が多く、列からはみ出し大声で質問するのが当然だし、スタッフもそれを当たり前に無視します。

こうした「大胆」(自分勝手?)な発言や行動をしても許されるのが、多様な価値観を持った人が集まるニューヨークのいいところであり、悪いところでもあります。黙っていたら誰も自分の存在に気づいてくれないので、知らず知らずタフになるし、自分勝手になってしまうんですね。外国暮らしが長い日本人が帰国すると浮いてしまうのは、こんなバックグラウンドがあるからかもしれません。

お堅いルールや秩序がないからこそ、自分の努力で道を切り開くことができるのがニューヨークの魅力と言えるのですが、毎日こんな弱肉強食の世界で戦っていたら、当然体も心も疲れてしまいます。うつになる人も多く、カウンセラーに通ったり、精神安定剤を飲んだりしているアメリカ人は沢山います。ティーンにもかかわらず常飲している子もいるくらいです。

かつて私がウィスコンシン州で夏の間サマーキャンプでアートの先生をやっていたときのこと。ランチの時間に子供たちの弁当を用意していると、10歳の女の子がビタミン剤のようなものを飲んでいました。彼女はこれを”ハッピーピル“と呼んでいました。そう、10歳ですでに精神安定剤を飲んでいたんです!この子に限らず、アメリカでは子供が元気すぎたり、集中力が欠けていたりするだけで薬を飲ませるのが普通。こんな小さい時から飲んでいるのですから、行動や言動も通常の10歳時とはかなり異なっているのが傍目にもわかります。

次ページそんなニューヨーカーたちに訪れた変化とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。