悩める人を救う!米国ならではのスゴイ仕事

「モチベーショナルスピーカー」の威力

モチベーショナルスピーカーは1対1ではなく、大勢に対してアドバイスをするのが特徴だ(写真:Rawpixel/PIXTA)

私は漫画家のほかに、「モチベーショナルスピーカー」という活動もしています。と言われても、「何それ?」という感じですよね。おそらく日本ではかなり珍しい存在だと思います。

学校や研修会などで、外部からゲストを招いて講演会を開くことはありませんか。私が住むニューヨークの学校などはこうした外部との接触を非常に大切にしていて、特に小学校高学年から大学生くらいまでは、特別授業でゲストスピーカーの話を聞く機会が頻繁にあります。こういうところで、話す機会が多いのがモチベーショナルスピーカーです。

一回の講演で数百万円稼ぐスピーカーも

モチベーショナルスピーカーとは、人々がどうしたら日々刺激的に、自分のゴールに向かって進めばいいのかをコーチングする人たち。ただし、1対1で話すのではなく、大勢の前でスピーチをするのがほとんどです。ユニークな経験を持つ人や、コーチング力を学んだ人たちがなるケースが多く、私のように学生相手のスピーカーもいれば、ビジネスマンや恋愛・結婚で悩む人、転職を考えている人に向けて話すスピーカーもいます。ちなみに、私は日本では後者に当たる活動をしています。

このモチベーショナルスピーカーという職業、実にアメリカらしく、資格がいるわけでも、誰かに選ばれてなるわけでもなく、完全に自己申告制です(笑)。「自分はさまざまな困難を乗り越えてきて、人に役立つ話ができる!」「コーチングのスキルがある!」といった人々が、自ら活動を始めるのです。

もちろん、スタートしたばかりでは、この仕事一本で食べていける人はほぼおらず、たいていほかの仕事と掛け持ちして活動。まずは本を出版して、全米各地を周りセミナーを行う、という地道な活動をしながら経験を積んでいきます。その間、評判になれば、口コミでドンドン名前が広がっていきます。私の場合は、漫画の読者が子供たちでもあるので、学校の特別事業の一環として講演をします。

これまたアメリカらしく、年齢や職業に関係なく、とにかく自分の話がうければ、それが収入に直結します。成功しているスピーカーたちはなんと、一回の講演で数百万を稼ぐとか!まさに「アメリカンドリーム」ですよね。

次ページなぜ漫画家の私がモチベーショナルスピーカーに?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。