「成功する人」は失敗からヒントを得ている!

挫折だらけの日々を変えた一言

「失敗」や「挫折」も見方を変えれば心が楽になる!(Maridav/PIXTA)
海外で活躍している、と聞くと自分とは次元が違うタフでスマートでクールな人を想像するかもしれませんが、誰もが最初からそうだったわけではありません。多くは失敗や挫折の中から、成功のヒントを見つけて何とか前進しているのです。
ストレス耐性を強化し、失敗からヒントを得るにはどうしたらいいのか。「理由とか目的とか何だっていいじゃん!チャレンジしなくちゃ後悔もできない!」著者で、ニューヨークでコミック・アーティストとして活躍するミサコ・ロックスさんに教えてもらいました。

突然ですが、ニューヨークでアーティストとして活動している、と聞くとどんな印象を持つでしょうか?カッコイイ?めちゃくちゃ仕事ができそう?それとも、ものすごくタフそう?

ニューヨークと言えば、アメリカ中、いえ、世界中から色んな人が野心を持って集まって来る、弱肉強食を絵にしたような街――とまでは言いませんが、世界中からあらゆる分野の天才がやって来るこの街でプロとして生き残るのはたやすいことではありません。今ではアメリカ人にでさえ、「ミサコのようにタフな心を持つにはどうしたらいいの?」と聞かれる私も(笑)、最初から心が強かったわけではないんです。

とりあえず「好き!」がすべての源泉

2006年にディズニーの出版社からティーン向けのマンガ”Biker Girl”を出版したのは、実は29歳というアラサーになってから。それまでには、いえ、それからも、何冊もマンガをかけてしまうほどの紆余曲折がありました。

そこで学んだのは、「自分に好意的に(有利に)発想を転換すれば、心も行動もそれについていく」ということです。すなわち、挫折や拒絶、失敗への耐性がつくわけです。そう、いかに自身のマインドをコントロールをできるか、です。

そもそも、アメリカに来るきっかけは、子供の頃に見た映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でした。主人公のマイケル・J・フォックスに本気で恋をしてしまい、彼に会うためにアメリカを目指した100%ミーハーな人間です。

私は地方公務員の両親の元で育った平凡の子でした。中学1年のときの成績は360人中300位辺りの勉強も出来ない生徒。普通ならアメリカなんて「憧れ」でフタをしてしまうかもしれませんが、大好きなマイケルの言葉“If you put your mind to it, you can accomplish anything”(なせばなる何事も!)がいつも念頭にあったんです。

いつかアメリカ留学したいと毎日勉強して順位を上げ、留学制度が盛んな法政大学に入学。無事、奨学金派遣留学をゲットし、ミズーリ州の大学への留学を果たしました。

次ページまさに地獄だった国際離婚
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。