ドクターイエロー、どこに行けば「会える」?

「幸せの黄色い新幹線」の舞台裏

見ると幸せになるとされる「ドクターイエロー」

夏休み期間中の7月25~26日にJR東海の浜松工場で開催された「新幹線なるほど発見デ―2015」のサプライズ展示は、ドクターイエローT4編成の「車体上げ・載せ作業実演」だった。

例年なら新幹線の営業用車両がクレーンアップされるが、この時期、T4編成は同工場に「全般検査」のためメンテナンス中。その会期中に先頭車がクレーンアップされ、それが公開されることは極めて珍しいことだ。会期中はこの作業実演には見学希望が殺到して、整理券配布により一回約2000人で数回の見学になった。

ドクターイエローのクレーンアップというだけでも話題性抜群だが、実はこのクレーンアップ作業は今回でどうも終わりなのでは……という憶測があった。というのは現在、浜松工場では新工場建屋を建設中で、完成すると車体上げはクレーンではなく、作業能率が良いジャッキアップにより行われるからである。

したがって次回の全般検査からクレーンを使ったメンテナンスは行われない……。こんな憶測が人気に拍車をかけた。また、現在N700Aにより東海道新幹線の最高時速は285kmにアップしている。「最高時速270kmのドクターイエローでは限度があるのでは」という“マニア”のうわさも加わってのドクターイエロー人気なのである。

運行時刻がわからない隠密電車

なぜ、こうまでもドクターイエローは人気があるのであろうか。

ドクターイエローの走る日を嗅ぎつけた私はある日、東京駅のホームで黄色い電車の登場を待った。午前11時半を回ったところで有楽町方面から黄色い車体が回送列車で姿を現すと、ホームにいた乗客からは「あ、ドクターイエローだ!」という歓声があがった。

ホームに停車したドクターイエローにはたまたま周囲にいた乗客が殺到、たちまち鉄道マニア以外の携帯やスマホカメラの洗礼を受けることになった。

この人気の秘密。それはいつ走るかわからない「隠密電車」ということに尽きる。滅多に見られないからその姿を見れば「幸福」になれるという都市伝説が人気に拍車をかけ、特に若い女性や“ヤンママ”たちの絶大なる人気を博し、いつのころから「幸せの黄色い新幹線」とまで呼ばれるようになった。

これだけ人気のある電車ながら運行しているJR東海も西日本もその運転日や時刻は公表していない。出会いの偶然がラッキーに通ずるところであろう。

次ページJR東日本は黄色ではなく「白と赤」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。