新幹線車内を"広く"感じさせる「錯覚」の力

デザインに隠されたこれだけの秘密

車体形状に注目が集まりがちな東海道新幹線だが、室内にも注目してほしい(写真 : tackune / PIXTA)

日本を代表する幹線として、年間1億5500万人(2013年度)もの乗客を運ぶ東海道新幹線。

普段はビジネスパーソンが乗客の7割を超えるなど、文字どおり日本経済の大動脈として高い乗車率を誇るが、お盆や正月には帰省客や旅行客でごったがえし、乗車率は150%を超えることもある。

その車内をゆっくりと見まわしてみたことがあるだろうか。

現在、東海道新幹線で運行されている700系車両は運行開始当時、マスコミから“カモノハシ”とニックネームをつけられるなど、車体形状に注目が集まりがちだ。一方で、乗り込んですぐノートパソコンを開き作業を始められるのも、仕事の合間にちょっと一休みとうたた寝ができるのも、車両の洗練された外観同様に磨き抜かれた車内空間ゆえだ。その快適さを実現するのが、デザインの力である。

快適さをもたらす「錯覚」のしかけ

乗客は、たとえば東京から新大阪間に向かうなら2時間22分(最短)、広島までとなれば3時間50分もの間、車両のなかでじっと座っていなければならない。

普通車であれば3mほど(車体幅は3360mm)の間に5人分の椅子が並び、かつその間に通路がある。そう聞くと「狭い」と感じそうになるが、その数値から受ける印象ほどに狭くは感じない。そこには「錯覚」をもたらす、デザインの力が大きく関与している。

東海道新幹線300系車両をはじめ、700系やN700系、N700Aなど多くの新幹線車両のデザインに参加してきた福田哲夫氏は、こう語る。

「ある空間の幅や高さといった物理的な距離は、測れば数値が出ます。その数値以上に、“広く”したり、“高く”したり、一方で“狭く”も“低く”もできるのがデザインの力です。空間の物理的距離以上に“広く”感じ、快適に過ごしてもらえるようにするのが、デザインの大きな仕事のひとつともいえるでしょう」

次ページ室内での錯覚を生かした手法とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。