東海道新幹線の"後継車両"はいつ現れるのか

「N700系」の改造完遂で気になる次の動き

JR東海の浜松工場で催された「N700系」改造完遂のテープカットセレモニー

肌を刺すような強い日差しの中、JR東海・浜松工場の職員ら200人が検修庫前に勢ぞろいした。8月5日17時20分。この日、2013年4月から進めてきた東海道新幹線「N700系」改造工事の完遂式が行われた。

テープカットとくす玉割りによるセレモニーに続き、「出発進行!」の合図とともに80編成目となる最後の改造車両が検修庫を出て、ゆっくりと走り始めた。その瞬間、真新しい車両の周りに一筋のさわやかな風が吹いた。

改造工事の目的とは

今回の改造工事は、2013年に登場した最新鋭車両「N700A」の機能の一部を取り込み、N700系をN700A並みの性能に近づけることを目標としている。

N700Aの最高時速はN700系より15キロメートル速い時速285キロ。「15キロ程度のスピードアップは技術的にそう大変ではない。むしろ難しいのは高速に対応したブレーキ力だ」と、JR東海の技術者は語る。

そのため、N700Aはブレーキ力を従来型よりも15%向上させる中央締結ブレーキや、地震発生時に停止するまでの距離を10%程度短縮する地震ブレーキを組み込んで、ブレーキ性能を高めている。

また、N700Aは時速285キロでもスピードを落とすことなくカーブを走ることができる。カーブ区間では車体を傾けて走行する車体傾斜装置を取り付けているからだ。N700系は時速270キロのカーブ走行を前提としているが、車体傾斜に必要な空気タンクを増設することで時速285キロでのカーブ走行が可能になった。

次ページ東海道新幹線の現在の車両構成は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。