松井玲奈が明かした新幹線への熱すぎる思い

卒業後の「進路」にも言及

鉄道ファンとしても知られる松井玲奈さん

“日本一、東海道を新幹線で往復しているアイドル”こと、松井玲奈さん(SKE48)が8月31日にSKE48を卒業する。松井さんは大の鉄道ファンとして知られ、SKE48はリニア・鉄道館(愛知県名古屋市)の特別親善大使でもある。

8月22日、リニア・鉄道館で松井さんのスペシャルトークショーが開催され、ファンの前で鉄道への思いや卒業後の活動について語った。午前と午後の2回行われたトークショーの内容を再構成してお届けする。

初めて新幹線に乗ったとき

――初めて乗った新幹線は?

自分のはっきりした記憶では300系です。祖父母の家に遊びに行く時に乗りました。

でも両親は「0系にも100系にも乗せたことがある。100系の2階建ての席にわざわざ乗せたことがあるのに覚えていないのか」と言われてしまいました。なぜそれを覚えていないだろうと後悔しています。

――初めて新幹線に乗ったときの印象は?

当時はまだそれほど鉄道に興味がなくて、兄のほうがワクワクしていた。「どの新幹線に乗れるかなあ」って。

昔は新幹線の中でテレホンカードが売っていて、兄はそれを買ってもらうのをとても楽しみにしたんです。今は私のほうが鉄道好きになってしまいました。

 
次ページ新幹線には顔がある
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。