タリバンの政治責任者が辞任を表明

新指導部をめぐって対立が強まる

 8月4日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンの最高幹部の1人であるアガ幹部が辞任を表明した。写真は新指導者のアクタル・マンスール師。提供写真(2015年 ロイター)

[ペシャワル(パキスタン) 4日 ロイター] - アフガニスタンの反政府勢力タリバンの最高幹部の1人であるアガ幹部が4日、辞任を表明した。前最高指導者オマル師の死亡が明らかになって以降、タリバン内部では権力争いが激しくなりつつある。

タリバンは先月末、オマル師の後継者に序列2位のアクタル・マンスール師を選んだと発表。ただ、オマル師の死亡を2年以上隠していたとされるマンスール師に多くの幹部らが反発している。

和平交渉を担うためにドーハに設置された政治事務所の責任者だったアガ幹部は、オマル師の死亡を隠ぺいした決定について「関係した者たちによる歴史的な誤りだ」などと非難する声明を発表した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。