タリバン最高指導者は2013年に死んでいた

アフガニスタン政府が発表

 7月29日、アフガニスタン政府は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。撮影日不明。提供写真(2015年 ロイター/National Counterterrorism Center/Handout via Reuters)

[カブール 29日 ロイター] - アフガニスタン政府は29日、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。現在行われている和平交渉や後継者をめぐり、タリバン内で亀裂が深まる可能性がある。

オマル師は、米国主導で2001年に始まったアフガン戦争によりタリバン政権が崩壊して以来、動静が分からなくなり、長年にわたって死亡説もあった。

アフガン大統領府は声明で、「信頼できる情報に基づいて」オマル師の死亡を確認したと明かしたが、詳細には触れなかった。

また、死亡確認を受けて和平交渉の地ならしが進んだとの考えを示し、「全ての反政府武装勢力に対し、この機会を捉えて和平プロセスに参加するよう呼び掛ける」と訴えた。

タリバンの広報担当のコメントは取れていない。

米ホワイトハウスは、オマル師の死亡情報について「信頼できる」とし、情報機関が調査を継続すると明らかにした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。