AV女優の経験が、「営業職」にも生きる理由

台本なしで撮影をした経験が武器に

plumのプロモーション&セールス統括事業本部で活躍する葵まりんさん
本記事は営業type(運営:キャリアデザインセンター)の提供記事です

葵まりん。職業、営業ウーマン。前職は、AV女優。その経歴に、多くの人が好奇心を隠すことはできないだろう。

事実、AV女優からAVメーカーの社員に転職する例はゼロではないが、後ろめたさや仕事のやりやすさを考慮してか、AV女優だった過去を隠す場合がほとんどだという。だが、彼女は「AV女優だったことを隠したいとか後悔したことはない」と胸を張る。

なぜ彼女はAV女優から営業という道を選んだのか。初めて経験する営業の世界で、何を見て、何に迷っているのか。これは、彼女のありのままのキャリアインタビューである。

有名になりたい一心でAV女優の道へ

葵 まりん(あおい・まりん)1993年生まれ。2012年、『葵野まりん』としてAV女優デビュー。2013年『石原あい』に改名。数々の作品に出演した後、2014年、AV女優を引退。同年7月、plumに入社。

やりがいと不毛さのはざまで揺れ惑った3年間。AV女優時代の名前は『葵野まりん』。彼女がAV女優という仕事を選んだのは、有名になりたかったからだ。

地方都市で暮らす少女だった葵まりんは、昔から人前に出るのが大好きだった。どうやったら有名になれるのだろう。華やかな世界を夢見たその目に飛び込んできたのは、深夜番組でアイドルのように活躍するAV女優の姿だった。AVからいずれはテレビに出られるような有名人になれるかもしれない。思い立った葵は、両親を必死の思いで説得し、上京した。

けれど、現実は甘くない。自分の名前だけでDVDが売れる、いわゆる単体女優はごくわずか。最初は企画女優としてコツコツと現場をこなしていった。競争の激しい世界で、どうすれば勝ち残れるか。葵は自分の見せ方をひたすら研究し続けた。

「相性が良い監督との現場は本当に楽しかったし、イベントとかで直接ファンの方から『良かったよ』って言ってもらえると励みになりました。逆につらかったのは、撮りたいものがない監督との現場。尺稼ぎのために延々と意味のない行為をさせられているときはつらかったですね」

人が観てエロくないもの、売れないものは撮影の段階でよくわかるという。その違いは、自分自身の手応え。メーカーによって売り上げは左右されるため、販売本数という目に見える数字での実感は得にくいが、自分が本気で頑張ったものはユーザーからの声が違った。レビューをチェックすると星がいくつも付き、微妙だなと思ったものは辛辣なコメントが並ぶ。ユーザーは、どこまでも正直だった。

次ページ営業になったきっかけ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。