銀座の老舗文具店が魅せた「111年目」の革新

ビジネスパーソンも思わずハマる

旧本店から一歩奥まった通りにあった仮店舗の営業を終え、2年4カ月ぶりに銀座の中央通りに帰ってきたG.Itoya(銀座・伊東屋)のエントランス。

メモを取るとき、アイデアをまとめるとき、オフィスや書斎でどんな文房具を使っていますか?

「仕事のスケジュール管理はPCやスマホで十分だし、ちょっとメモするだけなら別に文房具なんて『100均』の商品でもかまわない」

なんておっしゃらないでください。ITのガジェットにこだわるように、文房具もちょっとこだわってみませんか? そんなビジネスパーソンにお勧めなのが銀座にできた新名所、リニューアルオープンした文房具の老舗、伊東屋です。

銀座の地に111年、赤いクリップが帰ってきた

伊東屋の創業は明治37年。オープン当時から「STATIONERY」の文字を看板に掲げ、文房具専門店として多くの人に愛されてきた企業です。1987年より赤いクリップをコーポレートシンボルとし、新店舗の看板にもこのクリップがデザインに取り入れられています。

ビルの老朽化に伴い2013年に旧本店が閉店、一歩奥まった通りの仮店舗で営業を行っていましたが、2015年6月16日、銀座の中央通りに帰って来ました。

2年4カ月ぶりに帰って来たステーショナリー愛好家の聖地。店舗に入ると平日の日中でも、仕事の休憩時間にオフィスを抜け出してきたのか、首から社員証を下げたままのワイシャツ姿の男性を何人も見かけます。

筆者も伊東屋のポイントカード「メルシーカード」を所持し、毎週送られてくるメルマガを楽しみにしているクチ。旧店舗と同じグリーティングカードを中心とした売場構成の1階に、突如現れたDrinkコーナーにびっくりしながらも、新設されたエスカレーターで上の階に向かいました。

次ページ提案型の店舗へと生まれ変わった老舗文房具店
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。