アップル、発火の恐れがある製品をリコール

無線スピーカーを全米で約22万台

6月3日、米アップルは過熱する恐れがあるとして、無線スピーカーを一部リコールすると発表した。写真は4月27日、サンフランシスコの店舗で撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[3日 ロイター] - 米アップルは3日、ワイヤレススピーカーの「ビーツピルXL」スピーカーについて、バッテリーの過熱が原因で発火する恐れがあるとして、一部リコール(回収・無償修理)すると発表した。

米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、全米で約22万2000台、カナダで約1万1000台がリコールの対象となり、過熱の報告がこれまでに8件、アップルに寄せられている。

アップルはリコール対象数や苦情などの数を公表していないが、今回のリコールでアップルやビーツの他製品への影響はないと表明。返品と引き換えに325ドル相当の返金などに応じるとしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。