86歳のムーア博士が講演会で語ったこと

「ムーアの法則は限界が近づいている」

過去に何度も限界説が浮上している「ムーアの法則」。(kou/PIXTA)

「予想がこんなにまで正しいとは思わなかったし、しかも10年以上続くとは思わなかった。50年も続いたこと自体が驚きだ」。5月11日、いわゆる「ムーアの法則(半導体の集積密度は約2年で倍増する)」を提唱した、半導体大手インテル共同創業者のゴードン・ムーア博士は、法則誕生50年を祝うイベントに集まった観客の前で感慨深げに語った。

今年、86歳になったムーア博士が、この法則を雑誌で発表したのは1965年4月のこと。今回のサンフランシスコで開かれた記念イベントにはインテルのブライアン・クルザニッチCEOはもちろんのこと、グラフィック処理向け半導体を手掛けるエヌビディアのジェン・スン・ファンCEOなどを含む、半導体業界の大御所が集まった。

ムーアの法則で可能になったこと

今年86歳を迎えるゴードン・ムーア博士。自らが唱えた法則が50年続いていることに驚きを隠さなかった

インテルでは、まさにムーアの法則に則る形で将来のロードマップを描き、半導体の集積度を高めてきた。

1971年に開発したマイクロプロセッサ「4004」には、2300個のトランジスタが搭載されていたが、1979年の「8088」には2万9000個、1995年の「ペンティアムプロ」には550万個が搭載された。さらに、今年発表された、第5世代Coreプロセッサには13億個ものトランジスタが集積されている。

価格も下落し続けている。インテルの場合、最新のCore i5と4004を比べた場合、性能は3500倍になった一方、コストは6万分の1に縮小している。

集積度の向上により、当初は、単純な計算しかできなかったコンピュータは、様変わりした。今では、話しかけると、その音声を認識して解析し、適切なメッセージで応える、という複雑なプログラムを瞬時に処理できる。またコストが下がったことにより、タブレット、スマートフォン、ビデオゲーム、スマートウォッチなども一般消費者向けに作れるようになった。近年は、スマートホームやモノ同士がネットでつながるIoT(モノのインターネット)も広がりを見せている。

ムーア博士は27歳のときにトランジスタを発明。1957年にノーベル賞を受賞した故ウィリアム・ショックレー博士に雇われた。その後、フェアチャイルドを経て、1968年に故ロバート・ノイス氏とインテルを設立している。

次ページインテルが「ムーアの法則」をあきらめないワケ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。