恐るべし!トヨタがあぶり出す「7つのムダ」

このカイゼンで、仕事はもっと楽になる

(写真:AP/アフロ)
2015年3月期決算で、過去最高益をたたき出したトヨタ。その収益基盤を支えるひとつが「カイゼン」の取り組みですが、それは会社のためだけではなく、一人ひとりの仕事を楽にするためのものでもあります。
トヨタで数百人の部下を持っていた元課長クラスにより、トヨタの現場の働き方メソッドをまとめた1冊『トヨタ仕事の基本大全』(KADOKAWA)から、仕事に役立つトヨタ流のメソッドについて紹介します。
※前回記事:過去最高益!トヨタが伝承する「仕事哲学」

 

前回記事では、トヨタの現場で脈々と語り継がれている“口ぐせ”から、仕事の基本的な考え方をご紹介しました。今回は、今日からすぐに活用できる仕事のカイゼンのコツを、厳選してお伝えします。まずは皆さんの今の状態をチェックしてみましょう。

カイゼンは誰のため?

トヨタのカイゼン活動と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか? 「社員がせっせと効率を上げて得をするのは会社側」「仕事がもっと窮屈になりそう」というネガティブなイメージはないでしょうか。

これは、トヨタで数百人の部下を率いた経験のあるトレーナーたちが指導する現場でも、多くある誤解です。改善の目的、それは実は、一人ひとりが「楽になる」ことなのです。

製造現場でも、個々の作業者は一生懸命に作業をしています。しかし、無理な姿勢をしていたり、動きにムダがある場合が多々あります。そして本人は、作業に集中するあまり、苦痛だったり非効率だったりしても、いつの間にか慣れてしまうケースが大半です。

次ページ仕事を分け、視点を絞れ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。