過去最高益!トヨタが伝承する「仕事哲学」

人を責めずに、仕組みを責めよ

トヨタの真の強さは、人材育成のメソッドにあった!(写真:ロイター/アフロ)
本日5月8日に発表される2015年3月期決算で、過去最高益が予想されるトヨタ。プリウスなどに代表される圧倒的な品質や技術、あるいは「かんばん」などの改善手法が注目されることが多いですが、ものづくりの現場から編み出された人材育成のメソッドにこそトヨタの強さの秘密があります。
トヨタで数百人の部下を持っていた元課長クラスにより、トヨタの現場の働き方メソッドをまとめた1冊『トヨタ仕事の基本大全』(KADOKAWA)から、誰でもすぐにできるメソッドを紹介します。

 

いきなりですが、下記のチェック項目でご自身の働き方を確認してみてください。

 いかがでしたか?多くの方が上記の悩みを抱えていると思います。でも、こんな働き方を一変する方法があります。それが「トヨタの口ぐせ」です。

第1回目の今回は、現場で脈々と受け継がれている口ぐせから、トヨタの仕事で大切にされている考え方についてご紹介します。

「動く」と「働く」では大違い

職場のみなさんの周りの人たちを観察してみてください。慌ただしく歩いたり電話をしたりしている人はいませんか?その人たちは、一見、忙しく仕事をしているように見えるかもしれません。しかし、実は本来は必要のないことをしている、つまり、「付加価値」のない動きをしている可能性があります。

次ページ品質は1つひとつの工程で作りこむ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。