悩めるスバル、アメリカで新車が"瞬間蒸発"

たまらず生産能力の増強計画を前倒し

けん引役の新型「アウトバック」。米国での販売台数は7期連続で過去最高を更新

造ったそばから車が売れていくーー。「スバル」ブランドの自動車メーカー、富士重工業は絶好調の米国市場で贅沢な”悩み”を抱えている。

2014年に新型モデルに刷新した主力のSUV(スポーツ多目的車)の「アウトバック(日本名:レガシィ アウトバック)」は、発売直後から品薄状態が続く人気ぶり。富士重工業の吉永泰之社長によれば、4月の米国販売は約1万2500台(前年同月比17.6%増)だったが、全米のディーラーの在庫は4400台。つまり、たった10日分の在庫しかなかった。スバル全車種の平均在庫日数は20日強だから、アウトバックは極端に少ない。

「まったく足りないと言われている」

契約を済ませて納車を待つ日本のユーザーと違い、米国のユーザーは店舗にある車をその場で購入して乗って帰る習慣がある。売れ筋の在庫が不十分だと販売機会の損失につながりかねない。現地のディーラーからは「まったく足りないと言われている」(吉永社長)のだという。

アウトバックとセダンの「レガシィ(日本名:レガシィB4)」の2車種を造っている米国工場の能力は年間20万台で、ここから米国内とカナダに供給される。ただ、両車種の米国での月間販売台数は発売以来、1万5000~2万台弱で推移しており、年間20万台を超える水準だ。残業や休日出勤で可能な限り生産を増やしても、十分に在庫を用意できていない。

同社が5月8日に発表した2015年3月期決算は、売り上げ、利益ともに2ケタ増を達成。米国の販売台数は前年比約2割増の52万7000台と、7期連続で過去最高を更新した。この7年間で3倍近く増えている。2016年3月期は米国で5%増を見込み、カナダと合わせた北米の販売計画は60万台。中期経営計画で掲げている目標を4年も前倒しで達成する勢いだ。

そこで今回、米国工場の生産能力増強を決断した。従来、2016年末までに現在の年20万台から年32.8万台に引き上げ、さらに2020年度までに年40万台程度に増やすことを視野に入れていた。だがそれを2016年末までに年39.4万台へ引き上げる。2016年に受託生産を終えるトヨタ自動車のセダン「カムリ」の製造ラインを転用して新たに「インプレッサ」の米国生産を始め、レガシィとアウトバックの供給も増やす。

次ページ能力増強には慎重だったが
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。