スバル車に宿る、負けず嫌いの反骨精神

吉永社長が語る富士重工業の生きる道(下)

米国ではスバルのセダンも好調だが「セダンを売れと言ったことはほとんどない」と吉永社長は話した
「スバル」ブランドが米国の自動車市場で驚異の成長ぶりを見せている。富士重工業の吉永泰之社長は、「1つの商品を磨きに磨く」ことで個性を強めることを徹底している(関連記事「僕たちは死ぬまでレガシィを磨き続ける」)。
ただ、”売れすぎ”ゆえの悩みはいっこうに尽きそうもない。スバルにとって最大の市場である米国でいかにブランドの地位を高めていくのか。そして出資を受けているトヨタ自動車との関係は?吉永社長が率直に語った。

 

――2014年夏に米国で発売したSUV(スポーツ多目的車)の「アウトバック」とセダンの「レガシィ」が好調です。スバルはSUVに特徴がありますが、米国では「スバル=セダン」というイメージも強いのでしょうか。

それはまったくないと思う。ただ、セダンが売れ始めているのはとてもうれしい。今まで「セダンを売れ」と言ったことはほとんどない。営業現場のオーソドックスな人たちからすれば、「車の保守本流であるセダンに力を入れろ」というのは日本でもよく出る話。

私は営業出身だが、セダンを売るのが一番難しい。それを買う人の多くは、車に強い興味を持たない人たちだから。「車がないと不便だから買う」という層で、周囲に「なんでそんなに変わった車を買ったの?」と言われないように、皆が知っている普通の車が欲しい。そして、彼らの購入の動機として最も重要なのがディーラーの近さだ。

スバルの場合、これらのすべてにおいて不利。米国では店の数が少ないから基本的に(ユーザーから)遠い。車はアフターサービスが大事だが、遠くまで行かなければならない。そうしたことを乗り越えてでも「買いに行きたい」という車を造ることができれば勝てるチャンスがあると、元々考えている。

セダン市場で”化けたら”・・・

――不利な条件を乗り越える魅力をスバルに感じる顧客が増えてきたと。

ブランドの魅力が増してきたら、遠くても買いに来てくれる。セダンが売れるかどうかは「スバルのセダンだったら遠くても買いに行きたいな」となるかどうか。今起きているのがそういうことであれば嬉しい。

レガシィセダンの販売台数は13年の倍になっている。ただ米国工場の生産能力に制限があるので、ここでも供給がネックになる。他社が毎月何万台と販売しているように、セダンの市場は分母が非常に大きい。ここで化けたら、今のような需給の逼迫はより深刻になる。(分母の小さい)SUVのカテゴリーで売れるのと、増え方の規模が違う。造り切れない。

次ページ能力増強でも、足りない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。